エムアップ(3661)の買い

 

事業面

  1. ファンサイト事業(SKE48GLAYなど多数のミュージシャンとタレント、研音やSun Musicなどプロダクションとレーベル)は引き続き好調。新規サイトも拡充中。
  2. EMTG(チケット販売事業、ファンサイトEC事業)の子会社化完了。20193月期の後期から収益寄与。今期は1年間フルでの収益寄与。チケット不正転売禁止法案の施行もあり、公式2次流通が大きく拡大中。イープラスと資本業務提携。
  3. コンテンツ事業も順調に展開。フジテレビのアニメとのタイアップや、新規IPの獲得。
  4. 子会社事業(VR関連会社やファンアプリなど)でも成果を挙げつつある。通信ネットワークの5G化の進展に伴い、VRでのキラーコンテンツ展開が期待される。

 

経営面

  1. 20204月に持ち株会社体制に移行。より効率の良いグループ会社シナジー効果が期待される。(IP+動画配信+アプリ)
  2. 成長株にしては高配当(年1.1%)

 

株価判断(現値2033)

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間20,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
全てのライターのコラム会員記事を、新規ユーザー登録完了から24時間無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。