昨日(2019/7/11)引け後の決算発表の数字を見て売られている。現在ストップ安(2070円 -500円)

 

前年Q3累計実績に対し営業利益は+104%と順調な伸びを見せているが、進捗率の悪さを含め、高すぎる期待に応えてはいないということで、一旦利益確定もしくは出尽くしの売りが出ているのが原因か。

 

しかし、決算説明資料など会社側の説明を見る限り、やることはきちんとやっている。

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間20,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
全てのライターのコラム会員記事を、新規ユーザー登録完了から24時間無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。