月末は弱いというアノマリーが続き、昨日は下げまして、日経平均は29,000円割れ。

それはしょうがないのですが、今日は月替わり、気持ちも新たに上を攻める期待があったのですが、一瞬29,000円回復の後、やはり弱含み。で、ちょい安。

まあそれも、昨夜は米株市場が休みで本日のマーケット盛り上がらず、東証一部売買代金は2兆円すれすれとなってましたので、しょうがないとして。

明日に期待です。

 

弊社は中小型株に強みがありますので、あまりありがたくないですし、あまり言いたくないのですが、大型バリュー株相場に少し今日は戻りました。先週大型バリュー株参考銘柄として挙げました3銘柄のうち1銘柄は、本日も史上最高値更新。超大型も大型なこの銘柄ですが、小康相場が続くと、この銘柄1銘柄だけ持ってればいいなんて話もあるというかなんというか。でも確かにコア銘柄として、少しはポートフォリオの中に持っておいた方がいいですね。

 

先週からアフターコロナ銘柄がジンワリ戻っています。オリンピック関連銘柄もその陰に隠れながら少し戻しています。

最近は落ち着いていて、800円値固めしている感のあるテイクアンドギブ・ニーズ(4331)。もう1回買ってみたいところです。

ハイタッチ助言のお客様には、ホテル銘柄も少しお勧めしています。

 

Link-U(4446)。本日出資先であるHashpaletteが、今夏にIEOを実施予定と発表して、+4.2%。18日にはこの会社との連携でNFT事業に本格参入すると発表したのですが、その時は商いは増えましたが、株価はほとんど上がりませんでした。

本業があんまり儲かっていないので、ファンダメンタルズ的には全くお勧めしません。

ただ、マンガアプリ関連銘柄で戻っているものもあったり、株価はチャート的には底を打った感じもありますので、ちょっと旬なテーマ(NFT、IEO)な短期トレーディングプレー候補として、一応名前だけ挙げておきたいと思います。

 

 

 

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)