ニコンと業務・資本提携の拡大、及び第三者割り当てによるCBの発行

同時に海外市場で新株とCBの発行

 

希薄化と、新株(CBからの転換分も含む)が市場に出てくることによる売り圧力の増加懸念で下げているが、

 

希薄化に関しては、最大15-16%程度の希薄化となるが、現値1570円に対し、

ニコンへのCBはロックアップ付きで転換価格2037円

海外募集CBは2021年8月までは転換価格1771円

なので、当面気にするべきは新株(発行価格1540円で200万株弱)の4%分のみ

 

売り圧力も同様に、当面気にするべきは新株の分のみ。

 

前日引け値よりより8%ほど下げており、

希薄化で当面気にするべき新株の4%分を超えているので下げ過ぎに見える。

しかし、売り圧力(新株の200万株弱)的には、過去1年の一日平均出来高が15万株程度であるため、ちょっと気になるところではある。

 

しかし、他の視点として

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間1,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
尚、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターのコラム会員記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

ファンドマネージャーのコラム

ヘッジファンドのファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号通貨含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を再び日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断をし、デルタ(リスク)のコントロールとともに、どの個別株で勝負すべきかの投資判断をお知らせするコラムです。

最新記事 by ファンドマネージャーのコラム (全て見る)