市場全体に対してはまだ弱気です。なので買いはまだ慎重スタンス。

 

そして以前(9/17)下記のようにお話しした東証マザース指数 VS TOPIX指数も、8月下旬からの急落を半分くらい取り戻していて、中小型株を買うのに一番いい時期は過ぎてしまったかも。

中小型株これからどうなの! 東証マザーズ指数 VS TOPIX指数で見てみると

 

あの時買っておけば戻りをがっちり取れてる銘柄もたくさんあるのですが、戻りが鈍くまだいけそうな銘柄もあります。リスクリターンという意味では、9/17当時は暴風雨の中でしたのでハイリスクハイリターン。いま買いに行くのはミドルリスクミドルリターンといったところで、リスク少ないですよとは言えないですが、ハイリスクではないですよ、というところでミドルリスクが取れる方にはいいタイミング。

 

で、ちょっと買ってみたい3銘柄。

 

フィックスターズ(3687) 現値1,443円

量子コンピューター関連。弊社は得意としている銘柄で、中長期でも短期の値幅狙いでも面白い銘柄です。

時期的には一応ノーベル賞関連銘柄でもあり(物理学賞:量子技術)。ちょっと薄いけど。

1,400円サポートが確認されれば、短期1700円、中長期的には2,300円ターゲット。

 

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間1,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
尚、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターのコラム会員記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

ファンドマネージャーのコラム

ヘッジファンドのファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号通貨含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を再び日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断をし、デルタ(リスク)のコントロールとともに、どの個別株で勝負すべきかの投資判断をお知らせするコラムです。

最新記事 by ファンドマネージャーのコラム (全て見る)