絶対的リターンこそが期待される事が多い、個人投資家による株式投資。
投資元本1億円で10%の利回りを狙う「資産運用」ではなく、
投資元本は、数100万円程度で、「資産形成」ステージというケースこそが多く、
投資リスクは抑えたいけれど、やっぱりキャピタルゲインを積極的に狙いたい、
というタイプの方々が多いように思います。

となると、リスクを抑えた分散投資を原則に、安定的な利回りを狙う「運用」的な見地に立った「売り買い」と、
絶対的リターンこそを狙った少額投資の「売り買い」は、
そもそも「トレーディングスタイル」が違って当然かもしれません。

今回は私が、過去に私以外の他人様からは一度も聞いた事の無い(笑)、
でも、考えてみたらアタリマエで(笑)、非常に分かりやすく、
十分に実践可能な投資行動についてお話したいと存じます。
銘柄選びの基本にはファンダメンタルを用い、売り買いのタイミングにはテクニカルも「参考」にはしますが、
それよりも前に、まずは、幾らくらいの絶対リターンを狙うのか、という「ゴール」こそを設定しちゃおうという、
前代未聞の(笑)ハチャメチャな投資理論です。
単なる「ご参考」として、気楽にお読みいただければ幸いです。

まず、300万円を投資元本として、現物株投資を行い、少なくとも1年間で100万円のリターンを狙いたいなぁ、
と考えたと仮定致しましょう。
(以下、売買手数料、株式譲渡益税等は勘案致しません)

1銘柄で300万円分投資しようとなさる方、
2銘柄で100万円ずつ投資なさって100万円分はキャッシュをキープしておこうとなさる方、
3銘柄で100万円ずつ投資なさろうとする方、
色んなケースが考えられますね。
相場全体のセンチメントがあまりよろしくないのであれば、2銘柄で100万円ずつ投資して100万円キープ、
という感じが最も妥当なのかもしれません。

次に、1年間で100万円のリターンを産む為のシュミレーションです。
1銘柄で100万円を狙うのか、2銘柄で100万円を狙うのか、3銘柄で100万円を狙うのか、についての組み合わせですね。
とりあえず、上記の例にならって、銘柄は2つで100万円を狙うと仮定致しましょう。

2銘柄で100万円の利益を上げる為の組み合わせも多数存在するわけですが、
2銘柄とも、それぞれ100万円ずつ、計200万円の利益を挙げる事を目標として、
「話半分」で100万円(笑)という事に仮定致します。

で、ここからが、意外と誰も指摘しない話です(笑)。
2銘柄、いずれも100万円の売買益を達成する為には、
一体、どれくらいの「売買頻度」が必要、もしくは妥当なのか?
1回の売り買いだけで100万円を達成するには、例えば、
100株X10000円値幅益
500株X2000円値幅益
1000株X1000円値幅益
10000株X100円値幅益
等といったポジション取りが考えられますが、これに時間軸を当てはめるなら、日々の値幅制限等もありますから、
やはり、1日や1週間では達成が難しく、1年間かかっても達成できない事も考えられます。
では、四半期に1回、つまり年4回の売買と仮定して話を進めましょう。
100株X2500円値幅益X4回
500株X500円値幅益X4回
1000株X250円値幅益X4回
10000株X25円値幅益X4回
だいぶイメージに近づいてきました。

ここで、次に上記の値幅益が仮に1日で実現される可能性を探る為に、
値幅益を%計算で割る事により、実際の株価を逆算します。
例えば、6月17日(月)の全市場ベースの値上がり率ランキングは、
1位が29%超値上がり、100位が3.8%超値上がりと、当然ながらバラつきがありますが、
一般的に一日の間に株価が上下5%動けば、そこそこ特筆されるべき値動きと言われ傾向が強いので、
ここでは5%という数値を使用してみます。
2500円値幅益を単純に5%で割ると、50000円。
500円値幅益を単純に5%で割ると、10000円。
250円値幅益を単純に5%で割ると、5000円。
25円値幅益を単純に5%で割ると、500円。

あれ?1銘柄あたりに投資できる金額は100万円なのに、
これじゃあ1銘柄につき500万円の投資元本が必要になる計算です。
投資元本を100万円に抑える為には、上記の逆算株価をさらに「5」で割らなくてはいけませんね。
かつ、1日を5倍して5日とし1週間すれば、1週間で5%値上がりし続ける可能性を持った銘柄の、
株価水準と値幅益をシュミレーションできそうです。

「10000円の株を100株買い、5%の値上がり率、500円値幅益を1週間毎日連続実現し」・・いやぁ無理無理・・(苦)。
ただ、四半期に25万円ずつの利益を積み上げるのならば、別に1週間連続してなくてもOKなので、
「10000円の株を100株買い、500円値幅益を取った時点で売却し、それを3か月間で5回、年間で計20回繰り返す」
これなら、やや達成できる確度は上がったように思えます。

こんな試算、シュミレーションを繰り返して辿り着いた、一番達成可能と思われるパターンが、
「2000円の株を500株買い、500円値幅益が実現したら売却、これを年4回繰り返す」です。
100万円投資、という点にこだわるのならば、例えば、
「1400円の株を700株買い、360円値幅益が実現したら売却、これを年4回繰り返す」という選択肢もありえますし、
100万円でなく125万円枠にして、
「2500円の株を500株買い、500円値幅益が実現したら売却、これを年4回繰り返す」という選択肢もあります。
モチロン、5回繰り返す事ができれば100万円ではなく125万円の利益を確定できるのですから、
少額投資であれば、投資額に対し100%のリターンを狙う事も可能であるわけですね。

ワォ、そんなに儲かるなら、投資元本1000万円で投資するぜぃ(笑)
という方のお気持ちも理解できないわけではありませんが、実はそこには大きな落とし穴があります。
上の試算はは、あくまで、
「投資元本300万円で、2銘柄に100万ずつ投資を行い、100万円分のキャッシュを余力としてキープする」事が前提です。
投資元本が1000万円となれば、リスク分散の見地から分散投資を行うのがセオリーで、
最低でも4銘柄~6銘柄程度に分散投資する事が定石と言えましょう。
ここでご留意いただきたいのは、1銘柄の下落リスクは分散投資で軽減できたとしても、
投資する銘柄が増える事によるリスクは逆に増える可能性があるという点です。
絶対リターンを狙うのならば、当然ながらリスクは抑えるべきですが、リスクを抑える為に分散投資を行い、
投資する銘柄を増やすという「単純な」発想は、実は大怪我のモトだったりするワケです。

「次の銘柄な~に?」(笑)
よく研究していない、理解していない銘柄に手を出せば出すほど、リスクは加速度的に増大します。
逆に、ファンダメンタル的な裏付けがあって、中長期目線で選んだ銘柄を、
短中期的なトレーディングと割り切って、数回に分けて利益確定を繰り返すのであれば、
リスクは軽減できるのではないでしょうか?

弊社がロングランでオススメしております、ある銘柄については、
ほとんどのお客様が500株X500円値上がり幅を、3か月以内に1回以上実現なさり、
お1人だけではありますが、半年間で既に3回転目にチャレンジ中という方までおられます。
是非、繰り返し思い出してください。
「頭としっぽはくれてやれ!」です。
頭としっぽが異常に大きい魚ばかりでも(笑)、確実に絶対リターンを積み上げて行く事こそが大前提です。
企業の中身を、業績を、ある程度理解し、値動きにもなんとなく「慣れ」た銘柄を、
500X500で狙って、繰り返し、確実に利益を確定する、という投資手法は、
300万円~500万円程度の投資元本で株式投資に臨まれるお客様には、そこそこ有効だと思いますが、いかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。