株式投資をなさっている個人投資家の皆様に、日々投資助言させていただいておりますと、
「ん?」と不思議に思う事がままありますので、本日はそのお話をご披露したいと存じます。

一番気になるのは、私達のような投資助言会社がお客様に、売り買いのご助言を行う際の「言い方・言い回し」と、
お客様から売り買いの結果をご連絡をいただく際の「言い方・言い回し」です。
「そんな細かい事、ど~でもいいじゃねぇ~か!」と思われるやもしれませんが、
これ、間違いやトラブルの元にもなりかねませんから、コンプライアンス的見地からもそこそこ重要です。

「郷に入っては郷に従え」というくらい、
株式相場、証券市場には、古くから踏襲されている「アタリマエ」の「言い回し」が存在します。
で、これが、非常に的を得ている「言い回し」であるハズなのに、アタリマエであったが為に「暗黙のルール」化し、
「暗黙」な為に誰も間違いを指摘しないまま「形骸化」し、結果、間違えた認識が横行し、危険なように思います。
知ってるつもりで実は知らなかった事を、今一度ご確認なさってみていただく為にも、
この種の話は定期的にご紹介しようと思っております。

さて、「約定」、これ、なんと読むのか、発音するのか、ご存知でしょうか?
「やくてい」ではなく、「やくじょう」と読み・発音します。
実は昨今、証券会社店頭での「対面形式」での発注、証券会社に電話しての口頭発注に代わって、
ネット証券のトレーディングアプリ等を使用してのPC・スマホ発注が主流になりつつあるために、
30歳代、40歳代の方々の中には、口頭発注のやりとりの経験がゼロという方々も少なくありません。
シニア層の個人投資家の方々にはアタリマエでも、実際に私が担当させていただいております複数のお客様から、
「やくてい」という言葉をよく耳にするのが現状です。

では、他方、口頭発注にこそ慣れておられるシニア層の個人投資家の方々は、
ネット証券、特にFX等の取引手法から派生した、トリガー系のロスカットオーダー発注形態である、
「逆指値成り行き注文」という発注方法をご存知でしょうか?
「はぁ?指値なの?成り行きなの?」(笑)

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間1,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
尚、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターのコラム会員記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。