前日に20年2月期第2四半期累計の決算を発表

売上高が2637億100万(前年同期比8.1%増)

営業利益が会社計画の140億円を上回る147億7600万円(同14.8%増)

20年2月期の業績予想に対する進捗率は売上高で50.7%、営業利益で52.8%となっている。

好決算が好感され、本日、一時年初来高値の5890円を更新して5980円まで買われた。

 

野村證券はレーティングを中立に据え置くものの、目標株価は6000円から6600円に引き上げた。

 

株価は本日年初来高値を更新して高値圏ではあるが、ファンダメンタル評価の流れは続きそうで更なる上昇トレンドに期待。

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。