株価は9月27日に年初来高値974円を付けた後、調整含みの展開ながら、
上昇波動自体はキープされているよう見受けられ、ローソク足では本日小陽線の形に。

 

業績面は今期の営業利益が20億円(前期比24%増)と2ケタ増益が続き、
連続でピーク利益を塗り替える見通しと順調。
一方でPER9倍台、PBR1倍台と割高感も無く、一段高の可能性を秘めている。

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。