本日の取引開始前に、連結子会社のIP Infusion(IPI)が、米AT&Tの子会社
AT&T Serviceと、ライセンス契約および業務提携契約を締結したと発表。
このことが好感され、本日、一時、前日比119円高の913円まで買われた。

 

今回のライセンス契約および業務提携契約は、通信キャリア向けネットワーク機器の
White Box(ハードウエアとソフトウエアの分離)ソリューションに関するもので、
同社ではDANOS-Vyatta版の開発販売事業を開始するとしている。
尚、今回の契約が、連結業績に与える影響については現在精査中とし、
今後開示すべき事項が、生じた場合には速やかに公表するとしている。

テクニカル面においては、本日、一目均衡表の雲を上抜けた。
株価は4/26に付けた1001円を上抜き、次に3/19に付けた年初来高値1062円を奪還できるかに注目。

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。