JPX日本取引所グループ公表してる10/31の空売り比率は、
前日の48.9から急落し、およそ8カ月ぶりの40%割れとなる37.9%となりました。
前回の40%割れは3月4日の39.9%、その前が昨年11月30日の39.1%。
37.9%という水準は、昨年9月21日の35.1%以来です。

 

ちなみに今年、空売り比率が高水準で推移した夏場は・・・
7月18日 51.2%
8月2日 50.3%
8月5日 51.5%
8月6日 48.7%
8月7日 50.0%
日経平均は8月6日にザラバ安値で20110.76、8月26日に終値ベースの安値20261.04を付けています。

ただし、空売り比率の推移と、日経平均の推移は、
明確、かつ、規則的な逆相関性を示すものではありませんし、
先行指標としても遅行指標としても使えない性質である事はご承知おきください。

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。