同社は10月24日に20年3月期中間連結業績と、20年3月期通期連結業績見通しを発表。
20年3月期連結の営業利益、純利益共に最高益更新の見通しだが、中間期での進捗率も好調推移。
配当も中間期10円(前年同期6.5円)、期末10円(前年同期9.5円)と増配の計画。
大和証券は10月25日付で投資判断「1」(買い)を継続、目標株価を1850円から1900円に引き上げている。
活発なソフト開発需要にSE増員で応え、さらには生産性の向上が加わってポジティヴとコメント。
事業モデルの高度化・付加価値向上も続きそうだと指摘している。

ここから先は、限定の記事です。

初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターの記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。