今週に入り月曜・火曜と2日連続で4500円台にタッチするも下落。
昨日一気に4500円台を上抜け4720円引けとなった。
本日は全体相場のセンチメント悪化を受けて、午前中は小甘い展開だったが、後場になって急伸。
5000円台目前の4990円高値、4955円引けとなった。



分売が行われた10月24日の安値は3820円。
そこから1カ月足らずで1000円以上の値上がりとなり、
4500円から5000円のレンジは下落時にさほど商いをこないていないゾーンでありながら、
特に今週の上昇ペースにはやや過熱感も。
4000円前後の買いコストであれば、現値近辺で一旦せ売却し利益確定がセオリーか。

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。