始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

MSCIイベント、TOPIX月末リバランス通過しました。

MSCIは、リバランス日で、スタンダードは大幅に順方向、注目されていたWINESGセレクトは大幅に逆方向となりました。

WINESGセレクトに関しては、対象となる運用機関が限定されている事、運用規模が読みやすかった事で、プレポジションが多かったと考えられます。立会外のバスケット情報から、想定されていたリバランスの8割以上が、引値ギャランティで決め商いされた模様です。

 

今週は、特に大きいイベントは無いのですが、

6/7に、東証REIT Core指数  のリバランスが発表されます。

 

 

 

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。