進行中のインデックス・イベント

 

東証REIT指数/PO分組入れ(6/10)

買い方向

3309積水ハウスR

頻繁に発生しているREITの公募(PO)は、指数イベントとなります。

この買いの50億円に対して、単純に見合いのパッシブ売りが発生します。

気をつけたいのは、POの受渡しが完了する前に、売却出来る投資家が結構多いことです。

つまり、本当であれば、売却可能なのは、6/11以降(株券入庫6/11)なのですが、その前の日の6/10で売ってくるということです。

証券会社の対応に差があり、6/10売りの受渡しは6/13なので、それまでに株券が入庫されていればOKとしている所がある模様です。

従って、以前は、6/11以降に出してくるハズの売りが、6/10にも出てくる・・・という事になります。

これによって、この手のインデックス・イベントの対応が非常に難しくなっており、

買い方向のイベントでも、安値引け・・・などがよく発生しています。

安値引けでは、翌日買い物で始まることも多く、高値引けでは、売り物で始まったりします。

引け指値などを使用して、値段優先で対応する必要があります。

 

先物ロール6月限9月限(SQ:6/14)

多くの方は、あまり気にする必要はありませんが、知識として知っておいた方が良いでしょう。

傾向としては、FV(フェア・バリュー=理論値)に対して、ディスカウント状態が続いています。

つまり、6月限から9月限に、買建玉を乗り換える(ロングロールする)場合、割安にロールできます。

逆に売建玉を乗り換える(ショートロールする)場合は、期先をFV比で安く売る事になり、理論上は不利です。

先週の木曜日頃から、ロールが目立ってきています。ショートロール先行で動き出したようです。

 

■FTSE定期リバランス(6/21)

情報収集中です。

 

■Wisdom Tree定期リバランス(予6/21)

一世を風靡した米国ETFですが、運用残高の減少が著しく、20186月では、7千億円以上でしたが、

足元では、3千億円ちょっとと、半減しています。

昨年並みのターンオーバー(運用額に対する売買される比率)とすると、リバランスは片側300億円弱となり、

比較的流動性の高い銘柄で構成されている事から考えると、影響は限定的でしょう。

 

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間1,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
尚、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターのコラム会員記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。