始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

配当再投資先物買い、想定通りのNT低下を招きました。

先物プレーヤーではないと、対応が出来なかったと思いますが、可能であれば、先物も使える様にしておく事を勧めます。

レバレッジを効かせて投資するという意味合いでは無く、今回のようなNTトレードは先物が使えないと手が出せません。

もう一つ、面白い取引が観測されました。

9/26権利付き最終日のランチタイムに、NK225型で1200億円のEFP(現物売り・先物買い)がありました。

→ ランチOTCNK225/EFP現物売り200ユニット(≒1200億円)、先物5543枚@21900

この規模でEFPを出せる運用主体は、1321日経平均ETF(残6兆円)くらいしか存在せず、実際に翌日の9/27PCFデータによると、

9/25キャッシュ:189億円、先物865枚 → 9/26キャッシュ:1810億円、先物6,408枚・・・となっており、裏付けされました。

この1200億円は、配当再投資分の約500億円分と入替えのエムスリーの買い不足金額5600億円を合せた金額に近いことが分かります。

権利付きでの売却となった事で、配当再投資先物買いオペは実行する必要が無くなった・・・と考えられ、

1321ETFは、一般的な手法とは違ったやり方で、変則的に配当再投資先物買いを実行した事になります。

それと、配当再投資先物買いは、基本的には9/26の現物引け近辺がメインですが、翌日の後場にも動いた主体がいたようです。

 

■日経平均定期見直し(9/30)・・・除外9681ドーム|採用2413エムスリー

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間1,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
尚、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターのコラム会員記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。