日経225の26週が下を向きました。これによって「心地よい形」ではなくなった訳ですが、                              

9週のRCIはまだ上向きなので基本まだ強気継続になります。                                     

 問題はこの後の展開ですが、大きく分けて2つに想像されます。                                 

①9週RCIが上向き継続のまま、26週のRCIが再び上向きになり、「心地よい形」が復活する。                                 

②26RCIが下向きのまま、9週RCIが下向きになってしまう。                              

少し気が早いですが、この2つのケースについて予習しておきたいと思います。                                       

まず、①の場合ですが、「心地よい形」の再形成なので、引き続き強気(ロング)に安心感が増します。                              

次に②の場合ですが、「心地よい形」の真逆になるので、「心地悪い形」ということになりますが、                                         

実はこの場合、「心地悪い」どころか、「警戒警報」になります。                                     

何度も同じことの繰り返しになってしまいますが、このコラムでは9週RCIのベクトルが                                     

基本的に強気弱気の判断材料としております。                                     

ところが当然ながらテクニカル指標には「絶対値」というものが存在いたします。                                   

現在の日経225のRCIは9週、26週共にプラス圏内(と言っても30~50位ですが…)にいる為に、                                     

下向きになった場合のダウンサイドの幅が大きくなってしまう可能性があるのです。                                

以上のことから26週RCIが下向きになったことにより、RCIから見た日経225は                                         

来週「要注目」ということになります。                                 

②のケースになることを祈りつつ今回はこのあたりで…。     

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

テクニカル分析(RCI)のコラム

RCIは順位相関係数とも呼ばれ、ある株価の時間の推移と価格の水準それぞれに順位をつけ、その相関関係を見ることにより、割高あるいは割安を判断する指標です。RCIの詳しい解説をはさみながら、実際にRCIを使用した日経平均の買い時、売り時をアドバイスしていきます。