ロングポジションのクローズ、そしてショートポジション構築を推奨した前回。

ついに? RCI:日経平均(2019/7/29)

7/31より日経平均は急落を始め、今回も絶妙なタイミングでの推奨をすることができました。数多くの会員様からお褒めのお言葉を頂きまして、誠にありがとうございます。これからもより頑張っていきますので、どうぞ末永くお付き合い下さいませ。

 

さて現状ですが、

日経225の9週RCIのジェットコースターは、ものの見事にジェットコースターらしい下降をしました。

往々にして「下落相場」というのは「上昇相場」より早い勢いであると思います。                        

(だれかキチンと調べてレポートにしないかなぁ…)                                         

ですので、指数取引においてはショートで儲けるときのほうが私的には「カ・イ・カ・ン」です。                             

今回もいまのところ「カ・イ・カ・ン」です。                                      

しかしながら今回のショートに上手く乗れなかった方にも、次なるチャンスはもちろんあると思います。                               

なぜならば、前述のとおり「上昇相場」というのはゆっくり中長期なものですが、                                      

「戻り相場」というのは結構スピード感満点だからです。                                  

今回、このまま下げのスピードがこのまま止まらなければ、「上昇相場」の前に「戻り相場」が期待できると思います。                               

 

ところで、ではいつから…? という話になりますが、日経平均のRCI,

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間1,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
尚、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターのコラム会員記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

テクニカル分析(RCI)のコラム

RCIは順位相関係数とも呼ばれ、ある株価の時間の推移と価格の水準それぞれに順位をつけ、その相関関係を見ることにより、割高あるいは割安を判断する指標です。RCIの詳しい解説をはさみながら、実際にRCIを使用した日経平均の買い時、売り時をアドバイスしていきます。