一気に売上や営業利益が伸びるという段階ではまだないが、長期的な業績の伸びで、あるいは短期的な注目度上昇によるバリュエーションの切り上がりで株価に上昇余地   派手な上値はないかもしれないが、下値は固そうという事 […]