@market(関東財務局長(金商) 第3014号)
スマホ用メインイメージPC用メインイメージ
※2019年6月20日現在。当社実績の一部であり、結果を保証するものではございません
直近の推奨銘柄

【4397】チームスピリット:上昇率150%

      • 「働き方改革」のテーマ株
      • 各社の株式投資セミナーで取り上げられているのを確認
      • 複数の投資雑誌に取り上げられているのを確認
      • 会社訪問をして話を聞くと、業績についてポジティブな印象を受けた
      • 大手企業との契約も決まったようで、売上を積み上げているようだった

      これらの分析に基づき2018年11月1日より推奨を開始。決算発表がポジティブサプライズなどでストップ高になるなど幸運も重なった。

【3661】エムアップ:上昇率42%

      • ファンサイト事業、コンテンツ事業ともに好調
      • EMTG(チケット販売事業)の子会社化完了。チケット不正転売禁止法案の施行もあり、公式2次流通が大きく拡大中
      • 通信ネットワークの5G化の進展に伴い、VRでのキラーコンテンツ展開が期待される
      • 成長株にしては高配当(年1.1%)、かつ成長株なのに来期PER37倍は安い
      • VR事業で新展開が発表があれば爆謄もあり

      これらの分析により、2019年2月21日より推奨。

【9629】PCA:上昇率36%

      • 「働き方改革」の推進による企業の生産性向上への取り組み、Windows7のサポート終了に伴う企業のパソコン入替、2019年10月に予定される消費税改正への対応準備といった特需のインパクトが大きい
      • 業績絶好調。中期経営計画通りにいけば、来期、さ来期のPER10-12倍。この成長率でこのバリュエーションは安い
      • まだ機関投資家に注目されておらず、いずれその買い圧力による急上昇が期待される

      これらの分析から、2019年3月26日より推奨。

【4429】リックソフト:上昇率9.4%

      • 「ストック型ビジネス」企業であり、「働き方改革」あるいは「生産性向上」銘柄でもある
      • グローバルスタンダードになりつつあるプロジェクト管理ツール「Atlassian」のアジアNo.1代理店として順調に契約を積み上げ
      • 今期EPSでのPER100倍までの戻り期待。そして来期、さ来期と50%の成長の持続が見込まれ、そうするとPERは40倍台まで下がることになり、このような高成長銘柄としてはまだまだ安い

      これらの分析により2019年4月23日より推奨、急上昇したので4月24日に手仕舞い。

※当社実績の一部であり、結果を保証するものではございません

これらの銘柄と
同等の上昇が見込める銘柄を
お教えします!

お名前
メールアドレス ※必須
お電話番号 ※必須
@marketの強み
ファンドマネージャーによる投資判断

当社の代表は20年以上も外資系金融機関の株式部門でディーリング業務に携わり、最大1,000億円の資産運用をしてきた経験豊富な現役のファンドマネージャー(※)です。ファンドマネージャーとして実際にトレードする銘柄を、推奨銘柄として提供しています。

※ファンドマネージャーとは、金融資産を運用する専門的知識と経験を持ち、投資家から預かった資産の運用をする仕事です。いわば「資産運用のプロ」です。

情報分析力

長年培ってきた国内外の独自の情報ネットワークから、機関投資家の手口や材料発表、企業のIR情報など膨大な一次情報をいち早く収集し、その中から質の高い情報を見極め、蓄積したノウハウにより銘柄をファンダメンタルズとテクニカルを含めたあらゆる角度から分析し、理論的に成長性が高く割安な銘柄を導き出しています。

従って、外部の相場環境や出所不明の情報に殆ど影響を受けません。

徹底サポート

ご希望の方には、推奨銘柄をご提供するのみならず、お客様が安心して投資が出来るように徹底的なサポートをご提供しています。仕掛け株価・利食い株価・損切り株価を明確に助言する為、常時、ザラ場を確認する必要は無く、忙しい方でも予め証券会社に指値・逆指値を入れて推奨通りに売買することが出来ます。

また、推奨銘柄の株価動向・外的な相場環境変動の要因を分かりやすく解説し、投資の初心者でも安心して投資頂ける環境をご提供致します。

厳選した
好業績・割安銘柄を
是非お試し下さい!

お名前
メールアドレス ※必須
お電話番号 ※必須
経験豊富なスタッフ
tw

現役ファンドマネージャー兼代表。東京大学卒。
複数の大手外資系証券会社で日本株式ディーリング業務に計20年以上従事。運用結果がシビアに評価される中で最大1,000億円を運用

st

複数の投資顧問会社で13年以上、投資助言業務に従事。値上がりする銘柄をただただ「当てる」のではなく、理論的な根拠に基づいて投資対象となりうる銘柄をご提案し、売買のタイミングや妥当と思われる投資金額、投資期間の見通し、ターゲットプライスやロスカットポイント、そうした全てについてをお客様へ助言することがモットー。

yk

複数の大手外資系証券会社で、国内外の機関投資家向けに日本株式セールストレーディング業務に20年以上従事。投資顧問会社にて、コンプライアンス担当者として2年従事。早稲田大学卒。

まずは無料でお試し下さい

ファンドマネージャーは、運用の成果により報酬が決まります。だからこそ、売買する銘柄は徹底的リサーチし、売買タイミングにシビアで、
実現利益にこだわります。

その渡邉が厳選した自信のある推奨銘柄を是非ともお試し下さい。

ご希望の方には無料で売買サポート

推奨銘柄を知っても、売買タイミングを間違えると運用資産を減らしたり、本当なら得られたはずの利益を逃してしまいます。ご希望の方には、推奨銘柄をお教えするのみならず、買いと売りのタイミングも無料でサポート致します。ご希望の方は、お気軽にご用命下さい。

売買サポートをした方の資産推移

U様・K様の他、多くの方の売買サポートをしてきましたが、元金100万円程度で、1か月平均21万円の利益を手にしています。

売買サポートを受けた方の声(K様・39歳・自営業)

株式投資を始めて19年になりますが、全然、資産を増やせずにいました。むしろ、トータルでは少しマイナスかもしれません。そんな中、友人の紹介で@marketを知りました。何件か投資顧問の会員になったことはありますが、継続的に資産を増やせるところは無かったので、正直、期待はしていませんでした。

しかし、実際に@marketからの助言を受けてみると、私の投資スタンスに沿ってアドバイスをくれる上、含み損・含み益への対処が的確で、着実に利益を積み上げられています

マメにサポートしてもらえるので安心して投資出来ますし、これまでのように銘柄を探したり、チャートや業績分析・情報収集の為に時間を費やす必要も無くなりました。頻繁な売買指示もなく夜に注文予約すれば良く、昼間の仕事にも差し支えません。@marketにはとても感謝しています。

※当社実績の一部であり、結果を保証するものではございません

証券口座を開くのが楽しくなる
資産運用を始めてみませんか?

お名前
メールアドレス ※必須
お電話番号 ※必須
ご提供サービス
料トライアル 料会員
推奨銘柄 随時推奨 ×
無料推奨銘柄 × 
推奨銘柄の売買サポート 市場変化により随時 ○※
無料銘柄診断
無料投資相談 ○  ○ 
料金 無料

最初の2ヶ月:9万円及び成功報酬

6ヶ月:30万円及び成功報酬

※ご希望の方限定
※[無]は、無料トライアル。[有]は、有料会員
推奨銘柄の選定フロー

@marketではお客様へお教えする推奨銘柄の選定について、下記のようなフローで十分な分析・精査:チェックを行ったうえで情報提供を致します。

このフローにより、「企業業績」「成長性」「テーマ・トレンド」「化ける事業への投資」など、色んな側面から見て優良な銘柄を見つけ出すことが出来ます。

信頼のおける情報源からの情報収集

  • 現役ヘッジファンド運用者によるファンダメンタルズ分析、テクニカル分析
  • 証券アナリスト資格保有者による個別銘柄の会社取材メモ
  • 元ヘッジファンド運用者によるRCIに着目したテクニカル分析

開示情報からの情報収集

  • 個別銘柄大量保有報告ウオッチからの需給面分析
  • 個別銘柄信用残増減ウオッチからの需給面分析
  • 個別企業のIRウオッチからのカタリスト分析
  • 個別企業決算報告書ウオッチからのファンダメンタルズ分析
  • 空売り比率、騰落レシオ等のウオッチからのセンチメント分析

マクロデータからの情報収集

  • 証券各社のマクロレポートからの分析
  • ロイター短観等の経済指標イベントからのマクロ分析
  • 住宅着工件数、新車登録件数、訪日外国人数等のデータ解析
  • 世界各国のマーケット及びニュースからのインプリケーション分析

社内における情報分析・精査

  • 銘柄選定会議における助言内容の確認とアップデート
  • 毎日の朝会における収集した情報の確認・共有
  • 営業会議におけるマクロ分析によるマーケットトレンド確認
  • コンプラインス部門による助言内容のチェック
  • 顧客属性を鑑みた助言内容の適合性のチェック

基本的な個別銘柄選定基準

  • ファンダメンタルズ面に不安の無い銘柄であること
  • カタリスト的に理論的な方向性があること
  • テクニカル面でダウンサイドが限定的であり、かつアップサイドが見込めること
  • 他銘柄との相対比較により上記のバランス感に優れていること
無料銘柄診断も可能

推奨銘柄の選定ノウハウを活かして、的確な銘柄診断が可能です。

買ったものの、損切りした方が良いのか再上昇の見込みがあるのかなど、迷っていらっしゃる銘柄があるようであればご相談下さい。

購入を迷っている銘柄のご相談も可能です。

推奨銘柄のお受け取りの際に、スタッフへ銘柄診断をお申し出下さい。

※感じ方には個人差があります

雰囲気でやる投資から
脱却しませんか?

お名前
メールアドレス ※必須
お電話番号 ※必須
◯運営会社
​
きわめ投資株式会社
金融商品取引業者(投資運用業、投資助言・代理業)
関東財務局長(金商)第3014号
日本投資顧問業協会会員 012-02801
​
​
◯報酬等について
​
投資顧問契約による報酬と助言サービスの内容及び方法
​
お客様との投資顧問契約に基づいて、株式、投資信託、投資証券、新株予約権、日経平均株価指数及び市場デリバティブの価値及び動向の分析又はこれらの価値の分析に基づく投資判断についての助言を実施します。
助言方法及び助言頻度については、契約区分に応じて次のとおりとし、会員区分に基づいて助言報酬をいただきます。
 
 会員区分/報酬額 /助言の方法
​
 ・コラム会員/1つのブログにつき30日間1,000円
  電子媒体(ブログ)を通じて、1つのブログにつき週1回以上の情報提供を行います。

 ・メール会員/30日間10,000円
  電子媒体(Eメール)を通じて、週1回以上の情報提供を行います。

 ・特別会員/2ヶ月9万円及び成功報酬
  担当者より1週間に2回程度の頻度で電話による直接助言を行います。
  契約期間中、申出があった場合は随時助言を行います。
  契約は、当社と初めて投資助言契約を締結するお客様のみ締結可能であり、
  また、契約期間終了後は特別会員としての契約を延長することはできません。

 ・一般会員/6ヶ月30万円及び成功報酬、12ヶ月54万円及び成功報酬
  担当者より原則、日々、直接助言を行います。
  契約期間中、申し出があった場合は随時助言を行います。
​
 成功報酬の算出方法
 ・運用益の20%
 ・ 実現益(売買手数料控除後)から助言契約報酬額を控除したものに対して適用するものとします。
 ・ 契約期間内であれば、実現損が生じた場合は相殺するものとします。
 ・ 詳細につきましては、別途詳しくご説明いたします。
​
 契約期間終了日までにお客様より解約の意思表示がない場合、契約は30日毎(一般会員については1か月毎)に自動更新となります。
 コラム会員及びメール会員については、初回の契約に限り、契約日から30日間の報酬は無料といたします。

 上記報酬額は全て別途消費税を頂戴いたします。
 
 ※返金については、契約締結前の書面をご確認下さい。お問い合わせは、 otoiawase@atmarket.kiwameinvestment.com までお願いします。
​
​
◯有価証券等に係るリスク
 投資顧問契約により助言する有価証券等についてのリスクは、次のとおりです。

1.株式
​
株価変動リスク:株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、信用取引により元本を超える損失が発生することがあります。
​
株式発行者の信用リスク:市場環境の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り込むことがあります。
​
2.投資信託及び投資証券
​
投資信託や投資証券は、主に国内外の債券、株式および不動産などの財産を実質的な投資対象としますので、金利変動等による組入債券の価格下落、組入株式および組入不動産の価格下落や、組入債券の発行体、組入株式の発行会社の倒産や財務状況の悪化などの影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。また、為替の変動により損失を被ることがあります。したがって、ご投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。
​
3.デリバティブ取引等
​
市場デリバティブ取引では、参照指標となる有価証券価格、有価証券指標価格、外国為替相場及び金利等に係る変動により、損失が生じる場合があります。また、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、損失の額が委託証拠金等の額を上回ることがあります。また、外国為替相対取引では、外国為替相場に係る変動により、損失が生じる場合があります。

ページの先頭へ