30%を超える年率換算パフォーマンスを実現。20年にわたるディーリング経験と最大1,000億円の資産運用実績を持つ現役ファンドマネージャーが、”本物”の投資情報と戦略をご提供します

インデックスイベント投資塾
2024.02.25 / 【総評】GPIFの新しい運用である23本のアクティブ運用は、2回の配分を受けている。12月上旬の運用スタート時点と...


【新規推奨】不動産関連銘柄
2024.02.24 / 投資用マンションの土地仕入れから企画・開発、販売、管理までワンストップで顧客に提供。過去3年間高成長を遂げ、そして...


マーケット一言:日経平均史上最高値更新!!!
2024.02.22 / バブル経済の中で1989年12月に付けた最高値を、ザラ場、終値ともに上回る文句のない史上最高値更新となりました。私...


マーケット一言:エヌビディア決算警戒で半導体関連銘柄弱いし全般弱いが下げ幅は小幅、中小型株はリスクオフで弱いが明日に期待
2024.02.21 / 日米の生成AI関連銘柄、半導体関連銘柄を引っ張っているエヌビディアの決算が、今日の夜の米株市場が引けてから明日未明...


マーケット一言:お休みな日、中小型株の買いフロー続き、大きく上げる銘柄目立つ
2024.02.20 / 昨夜の米株がお休みだったからなのかどうか、今日の日本株もちょっとお休みな感じでした。ドル円が150円台までの円安に...


【新規推奨】不動産関連銘柄
2024.02.24 / 投資用マンションの土地仕入れから企画・開発、販売、管理までワンストップで顧客に提供。過去3年間高成長を遂げ、そして...


【新規推奨】 特殊化学品関連銘柄
2024.02.15 / 生成AI向けメモリー用製品など、半導体関連製品の売上、利益が急拡大中。半導体関連銘柄としては地味で、バリュエーショ...


【追加訂正】【新規推奨】AIサービス関連銘柄
2024.02.10 / 顧客企業のAI人材育成などを行い、自社のAIソフトウェアの提供も行う一気通貫モデルが特徴。既に顧客である多くの大企...


【新規推奨】不動産テック関連銘柄
2024.02.03 / 仕入れ、販売の両面で強力な競争力を持つ会社。不動産業界のDX化を強く推進。プロセスを一気通貫に行うサービスを提供で...


【新規推奨】 観光関連銘柄
2024.01.26 / 競争力の高い独自のアプリケーション群でホテル業界をサポート。本格的な海外展開を開始し、近い将来での収益貢献が見込め...


【コラム推奨実績】工業用原料・製品関連銘柄の東洋炭素(5310)が目標株価を達成(約+40%)
2024.02.16 / 工業用原料・製品関連銘柄の東洋炭素(5310)が目標株価を達成しました。https://market.kiwame...


【コラム推奨実績】工業用原料・製品関連銘柄が20%以上上昇
2024.02.15 / 工業用原料・製品関連銘柄が推奨時から20%以上上昇しました。※ユーザー登録(無料)いただいている方・これからされる...


【コラム推奨実績】観光関連銘柄が20%以上上昇
2024.02.14 / 観光関連銘柄が推奨時から20%以上上昇しました。※ユーザー登録(無料)いただいている方・これからされる方には、銘柄...


【コラム推奨実績】機械関連銘柄のDMG森精機(6141)が推奨時より20%以上上昇
2024.02.06 / 機械関連銘柄のDMG森精機(6141)が、推奨時から20%以上上昇しました。https://market.kiwa...


【コラム推奨実績】不動産マネジメント関連銘柄の霞が関キャピタル(3498)が目標株価を達成(約+44%)
2024.01.24 / 不動産マネジメント関連銘柄の霞が関キャピタル(3498)が目標株価を達成しました。https://market.k...


弊社は中小型株を中心に
投資推奨します
(+インデックスリバランス情報の提供)

弊社の助言や情報提供に関わる人間は、いずれも20年以上の投資経験を持っています。様々な投資手法を経験してきましたが、今、中小型株投資が一番”面白い“という結論に達しました。

  1. 中小型株(企業)の多くは成長株(企業)であり、企業そのものの成長と、それを受けた株の値上がりが大きい。
  2. 成長企業へ投資することにより、金融市場を通じて日本の成長の一助となるという社会的意義がある。

儲けは大きく、そして日本の成長にも資することが出来る。そんな”面白い“ことは中々ありません。

弊社が推奨する銘柄は、もしかしたら多くの方にとっては初めて聞く銘柄で、投資することに抵抗があるかもしれません。しかし、いい中小型株(企業)は、大型株(企業)にはない高成長をし、また機関投資家の保有割合が大きくないことから需給面での妙味(買い圧力が見込める)があるので、大きな値上がりが期待できます。食わず嫌いをすることなく、ぜひ1銘柄からでも実際に投資をしてみて頂ければと思います。

新規ユーザー登録(無料)登録いただくと、以下の特典があります。

【特典1】
登録時から過去15日分の有料コラム(約2つの新規推奨銘柄情報を含む)をお読みいただけます。
【特典2】
会員契約に使える3,000円分のポイントプレゼント。

ユーザー登録する

ポートフォリオ戦略で
リターンの最大化をめざします

運用の「プロ」はほぼ例外なく、単一の銘柄のみを買い持ちにするのではなく、複数の銘柄の買い持ちを組み合わせてポートフォリオを組成し、運用を行います(これをポートフォリオ戦略と言います)。そうすることにより、リスクを抑えながらリターンを上げる、という運用をすることが可能だからです。

弊社では、お客様にもそれに近い運用をしていただけるよう、ポートフォリオ組成でリターンの最大化を目指せる銘柄の推奨を心がけています。

ポートフォリオ戦略にはいくつか種類がありますが、弊社のお勧めするものを下記に記載(詳細は「ウェルスパス投資顧問の使い方」にて)しておりますので、そちらをぜひご参考になさってください。

弊社はこんな方におすすめです

  • 難しいことを考えず
    真似るだけ投資で
    資産運用したい初心者の方
  • 中小型株トレードを通じて
    プロの考え方を学びたい
    中級者以上の方
  • ポートフォリオを組成する
    安定的な中長期投資を
    実践したい方

ひとつでも当てはまる方は
弊社の「ポートフォリオ戦略」を
一度お試しください。

3年で運用資産3倍

以下に掲載の表では、弊社のコラム推奨銘柄でポートフォリオを組んだ場合に、運用資金の600万円が2020年4月1日からどれ位のパフォーマンスを出したかを公開しています(※)。

2020年4月1日より約3倍のパフォーマンスを出しています。

(※)「ロスカットルール適用での投資行動」に則した運用した場合のシミュレーション。

どうすれば、こんなパフォーマンスを出せるのか?

  1. 弊社推奨銘柄を5銘柄以上(できれば20銘柄)買う
  2. 推奨時から20%以上下げたら、次の日の寄り付きに損切り
  3. 目標株価に到達したら手仕舞い
  4. 推奨時から6ヶ月経過した銘柄は強制手仕舞い

\たったこれだけです!/

推奨銘柄ポートフォリオの推移

年率換算パフォーマンス30%の複利で運用資産が増え続けています。

年月 資産(金額) 資産(%)
2020年04月1日開始 6,000,000 100.0
一つの銘柄あたり、30万円以内で、1株単位で最大買える株数を買う。
2020年04月末 5,990,052 99.8
2020年05月末 6,324,554 105.4
2020年06月末 6,897,631 115.0
2020年07月末 6,595,386 109.9
2020年08月末 7,909,477 131.8
2020年09月末 8,500,687 141.7
2020年10月末 8,651,252 144.2
2020年11月末 8,706,758 145.1
2020年12月末 8,791,347 146.5
2021年01月末 9,018,246 150.3
「一つの銘柄あたり、40万円以内で、1株単位で最大買える株数を買う。」へ変更
2021年02月末 9,462,987 157.7
2021年03月末 9,898,863 165.0
2021年04月末 9,676,150 161.3
2021年05月末 9,911,431 165.2
2021年06月末 10,582,940 176.4
2021年07月末 10,205,697 170.1
2021年08月末 10,373,745 172.9
2021年09月末 11,226,957 187.1
「一つの銘柄あたり、60万円以内で、1株単位で最大買える株数を買う。」へ変更
2021年10月末 11,217,464 187.0
2021年11月末 10,960,212 182.7
2021年12月末 10,800,887 180.0
2022年01月末 10,025,950 167.1
2022年02月末 10,402,511 173.4
2022年03月末 11,245,972 187.4
2022年04月末 10,860,126 181.0
2022年05月末 11,530,683 192.2
2022年06月末 12,068,054 201.1
2022年07月末 12,714,074 211.9
2022年08月末 13,939,790 232.3
※推奨銘柄のイーディーピー(7794)は、目標株価達成日がストップ高張り付きのため、ストップ高株価13,730円売却とする
2022年09月末 13,459,490 224.3
2022年10月末 13,986,717 233.1
「一つの銘柄あたり、70万円以内で、1株単位で最大買える株数を買う。」へ変更
2022年11月末 15,593,506 259.9
※推奨銘柄のユーザベース(3966)は、TOBという特殊要因発生のため、1,495円売却とする
2022年12月末 14,999,388 250.0
2023年01月末 15,735,033 262.3
2023年02月末 16,523,019 275.4
2023年03月末 16,867,931 281.1
2023年04月末 16,158,561 269.3
2023年05月末 17,165,813 286.1
「一つの銘柄あたり、80万円以内で、1株単位で最大買える株数を買う。」へ変更
2023年06月末 18,588,299 309.8
2023年07月末 18,447,635 307.5
2023年08月末 18,673,669 311.2
2023年09月末 18,940,781 315.7
2023年10月末 18,230,837 303.8
2023年11月末 18,656,836 310.9
2023年12月末 19,077,900 318.0

※大手ネット証券では単元未満株の取引きが可能ですので、1株単位で最大買える株数としています。 ※購入価格は、場中であれば推奨時価格、場中いがいであれば推奨後最初の価格としています。 ※会費、取引手数料、金利、税金等は考慮していません

上昇率TOP4(2023年)

2023年に最高値を達成した推奨銘柄のTOP4です。

円谷フィールズHD【2767】

円谷フィールズHD【2767】

値動き
2.4倍
情報提供日始値
2022/10/24
945円
高値
2023/03/07
2,310円

エンプラス【6961】

エンプラス【6961】

値動き
2.4倍
情報提供日始値
2023/02/06
4,080円
高値
2023/08/04
9,760円

Mecbee Planet【7095】

Mecbee Planet【7095】

値動き
2.2倍
情報提供日始値
2022/11/21
9,340円
高値
2023/04/03
20,680円

ユーピーアール【7065】

ユーピーアール【7065】

値動き
2.1倍
情報提供日始値
2022/10/31
1,224円
高値
2023/04/17
2,529円

他社と一線を画す
“本物”の投資情報と戦略を手にしてください

ただいま新規ユーザー登録をいただいた方には、過去15日間のコラム会員記事を無料で提供しております。この機会に弊社の投資情報と戦略の実力を、ぜひご自身でお確かめください。

ユーザー登録する

有料会員のプラン

  コラム会員 一般会員
会費 1.32万円~/30日 11万円~/月
推奨銘柄
推奨理由の解説
推奨銘柄の売買サポート 別途有料
銘柄診断 別途有料
投資相談 別途有料
電話サポート ×

※一般会員の詳細はこちら

老後資金は大丈夫?
あとで後悔しないために、早めの資産運用を

金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」で、「年金給付のみに頼って30年間生活する場合2,000万円が不足する」という報告(※)がされ、一時話題となりました。

あなたは大丈夫ですか?もし将来に不安があるなら、少しでも早いうちに資産運用を始めることをお勧めします。

(※)報告書のPDF

早めの資産運用で 複利効果を最大限に活用する

なぜ早いうちからの資産運用をお勧めするかと言いますと、資産運用期間が長ければ長いほどより「複利効果」の恩恵を受けられるからです。

複利効果の恩恵は絶大です。年利10%で資産運用をすると20年で6.7倍にもなるのですから。30年間なら17.4倍にもなります。

つまりあなたが現在40歳なら、300万円を年利10%で20年のあいだ資産運用すれば60歳には2,000万円問題はクリアできるということです。もっと若いならより多くの余裕資金を得られる可能性があります。

これが資産運用を1年でも1日でも早く始めた方が良い理由です。

資産運用の知識が無い?
ウェルスパス投資顧問がお役に立てます

さきほど資産運用を1日でも早くはじめた方が良いと言いましたが、手探りではじめるのは非常に危険です。

さらに言えば、

  • 株式投資の本を読んでいきなり投資をはじめる
  • 出所不明のネットの情報を頼りに投資する

ということも危険です。

実際、株式投資で利益を得ている人は株式投資をしている人口のたった9%(※)というデータがあります。

要するにお伝えしたいことは、「老後のことを考えると資産運用は必須である」「しかし10人のうち1人しか勝てない投資の世界で、経験の少ないあなたが1人で戦うのは難しい」ということです。

そこでご提案です。

金融のプロであるウェルスパス投資顧問をあなたの資産運用アドバイザーとして活用しませんか?

(※)野村證券「ノムラ個人投資家サーベイ」(2015年10月)より

「ウェルスパス投資顧問」の投資助言の特長

弊社の投資助言には、以下の6つの特長があります

1.現役ファンドマネージャーが投資判断

弊社の代表の渡邉は、20年以上もゴールドマンサックス証券をはじめ4社の大手外資系証券会社の株式部門でディーリング業務に携わり、最大1,000億円の資産運用をしてきた経験豊富な現役のファンドマネージャー(※)です。

当然ですが運用成績が出ないファンドマネージャーに多額の資産運用を任せられることはありません。結果を出し続けることで任される金額が増えたということです。そしてまぐれで勝ち続けることもありません。正確なファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の結果です。

特に割安株・成長株の分析を得意とし、この分析力をもってウェルスパス投資顧問の推奨銘柄を厳選しています。数多く投資顧問会社はありますが、投資判断者が現役のファンドマネージャーというところはほとんどないのではないでしょうか。

日経新聞のコラムへコメント提供中

(※)ファンドマネージャーとは、金融資産を運用する専門的知識と経験を持ち、投資家から預かった資産の運用をする仕事です。いわば「資産運用のプロ」です。

2.リスクマネジメントのアドバイス

「貯蓄」と違い元本が保証されない「投資」においては、リスクが必ず存在します。

株式投資が「投資」として中長期的に成功するかどうかは、このリスクをどうやって軽減させるか(リスクマネジメント)に左右されるところが大きく、個別銘柄の売り買いの判断よりも実は重要です。またリスクマネジメントが出来ないのであれば、株式投資が「投資」として成功しないどころか、株式「ギャンブル」になってしまう可能性が大きくなってしまします。

しかしながらリスクマネジメントは個人投資家には非常に困難な作業です。

個人投資家の方々が弊社から助言を受ける大きなメリットは、ここにあると考えております。

弊社は、ファンドマネージャーをはじめ多彩な人材をスタッフに擁しているため、高いパフォーマンスにつながる投資銘柄情報が得られるのみならず、リスクマネジメントの的確なアドバイスも受けることができます。

3.良い銘柄情報をよりよいタイミングでご提供

リスクマネジメント(リスクの軽減)の重要性をお伝えするためにあえてそのお話を先にさせていただきましたが、個別銘柄の売り買いのタイミングの判断もリターンの最大化には重要です。そしてその判断には、大きく分けて「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の二つが重要といわれています。

<ファンダメンタルズ分析>

企業の財務状況や業績状況のデータをもとに、株式の価値を分析すること。
ウェルスパス投資顧問は膨大な情報へアクセスできるチャンネルを持ち、そこから質の良い情報を見極め分析し、銘柄(企業)の良し悪しの判断を行っています。

<テクニカル分析>

株価データのパターンに基づいて、相場の先行きを分析すること。
ウェルスパス投資顧問では、経験豊富な分析者・投資判断者が様々な種類のテクニカル分析を用いて、売り買いタイミングの判断を行っています。

 

こうした分析の結果、「ウェルスパス投資顧問」ではファンダメンタルズ分析から厳選された”いい銘柄を”、テクニカル分析により”タイミング良く”、投資家の皆様にお届けすることが可能となっています。

4.多彩な情報収集と分析・精査

弊社では以下のような多方面からの情報収集と分析・精査を行うことにより、​ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析をより信頼性の高いものにしています。

<人的情報源>

  • 証券アナリスト資格保有者による個別会社取材
  • 大手を含む証券会社のリサーチ情報

<開示情報>

  • 個別銘柄大量保有報告、個別銘柄信用残増減
  • 個別企業のIR情報、企業決算報告
  • 空売り比率、騰落レシオ等の指標

<マクロデータ>

  • ロイター短観等の経済指標イベント
  • 住宅着工件数、新車登録件数、訪日外国人数等のデータ
  • 世界各国のマーケット及びニュースからのインプリケーション

<社内における情報分析・精査>

  • 銘柄選定会議にて助言内容の確認とアップデート
  • 営業同士の情報の共有と相互分析
  • お客様動向などからのマーケットトレンド判断
  • コンプラインス部門による助言内容、顧客属性を鑑みた助言内容の適合性のチェック

5.厳しい銘柄選定基準

集めた膨大な情報に基づいて、以下の基準によりプロの厳しい目で推奨銘柄を絞り込みます。

  1. ファンダメンタルズ的に魅力がある企業であること
  2. テクニカル的にダウンサイドとアップサイドのバランスがよいこと
  3. 他銘柄との相対比較により上記のバランス感に優れていること

6.ポートフォリオを組んでトータルで勝つことが目的

これだけ厳しい目で銘柄を絞り込んでも全ての銘柄が良いパフォーマンスを出せるわけではありません。ですから会員の方には、弊社推奨の銘柄でポートフォリオを組んで資産運用いただくことを推奨しています。トータルで勝てれば良いという方針です。

例えるならば野球チームです。どれだけ優秀な選手を9人選んでも、成果が出せない選手が出てきてしまうのと一緒です。その度に調子が良くなってきた選手と入れ替えたりしながら、結果的に試合に勝てば良いのです。

ポートフォリオに馴染む銘柄を選ぶというのもプロの腕が試されます。例えばバリュー株相場の時に、バリュー株ばかり選ぶのでは投資リスクが高くなってしまいます。なぜならテーマがグロース株に移った途端、保有している銘柄群が軒並み下落する可能性があるからです。

このような偏ったポートフォリオを避けるため、多方面のテーマを網羅できるように銘柄を厳選しております。

 

以上の特長により、あなたの資産運用のお役に立てる自信があります。

最後に

ここでは、資産運用を早くからはじめる重要性と投資リスク、そしてウェルスパス投資顧問がポートフォリオ組成に理想的な銘柄を推奨することで、資産運用のリターンの最大化およびリスクの軽減をサポートできるということをお伝えしてきました。

弊社のように資産運用のポートフォリオに最適化して銘柄を推奨している投資顧問はめったにありません。ぜひ他の投資顧問と比較してみてください。圧倒的に安心して資産運用ができることに驚かれることでしょう。

とは言え、本当に弊社があなたのお役に立てるのか半信半疑に感じていることとおもいます。それはウェルスパス投資顧問の知名度が低いことから当然のことです。

そこで、弊社の実力があなたのお役に立てるかを無料で確認頂けるサービスをご用意しています。

ユーザー登録から過去15日間のコラム会員記事を無料で閲覧可能

というサービスです。ぜひ積極的にご利用いただき、ご確認ください。

もし、あなたのパートナーに相応しいとおもっていただけたなら、コラム会員に契約ください。
全力であなたの資産運用をサポートさせていただきます。

コラム会員には、「新規ユーザー登録」ののち契約頂けます。

ユーザー登録する