質問

「ロスカットルール適用での投資行動」について具体ルールを教えてください。

 

回答

リサーチのコラム(ライト)とリサーチのコラム(DX)では、少しルールが異なりますので、ご自身のご契約のプランの方をご覧ください。

リサーチのコラム(ライト)ご契約の場合

1銘柄へ配分する運用資産

運用資産の5分の1を超えない最大の単位を買って下さい。
※運用資金が多くはない場合、1株から売買できる証券会社も増えてきましたので、そういう証券会社を使うこともご検討ください参考記事

※お客様の相場観が強気の場合、運用資産の5分の1を超える銘柄購入や資産配分を妨げるものではありませんが、投資初心者の方は、ルールに則ったポートフォリオ戦略での運用をオススメします。

手仕舞い

手仕舞いは、以下のケースのみです。

  1. 推奨時から終値で20%以上下落した場合、次の日に手仕舞う
  2. 銘柄の目標株価に到達した場合、その日に目標株価で手仕舞う。当日の手仕舞いが難しい場合は、次の日の寄り付きで手仕舞う
  3. 上記のどちらにも該当しない場合、推奨日から6ヶ月経過した日に全て手仕舞う

リサーチのコラム(DX)ご契約の場合

1銘柄へ配分する運用資産

運用資産の20分の1を超えない最大の単位を買って下さい。
※運用資金が多くはない場合、1株から売買できる証券会社も増えてきましたので、そういう証券会社を使うこともご検討ください参考記事

※10銘柄でポートフォリオを組む場合は、10分の1を超えない最大単位を買うなど、適宜調整してください。
※お客様の相場観が強気の場合、運用資産の20分の1(ポートフォリオを組む銘柄数に応じて読み替えてください)を超える銘柄購入や資産配分を妨げるものではありませんが、投資初心者の方は、ルールに則ったポートフォリオ戦略での運用をオススメします。

手仕舞い

手仕舞いは、以下のケースのみです。

  1. 推奨時から終値で20%以上下落した場合、次の日に手仕舞う
  2. 銘柄の目標株価に到達した場合、その日に目標株価で手仕舞う。当日の手仕舞いが難しい場合は、次の日の寄り付きで手仕舞う
  3. 上記のどちらにも該当しない場合、推奨日から6ヶ月経過した日に全て手仕舞う

 

以上。たった2ステップのみです。