最近、推奨銘柄やイチオシ銘柄情報をお送りしたものの

「一単元が高かったので、リスクが高いと思い買うのを止めました。こんなに上がると分かっていれば買ったのに。残念です。」

とおっしゃる方が立て続けにいらっしゃいました。

原因は、推奨時から目標株価達成までの間に66%上昇したイーディーピー(7794)です。

実はこの銘柄、推奨時株価が9,380円で、最低単位(100株)を買う場合でも938,000円必要でした。

運用資産額によっては、見送るという選択も理解できます。

 

とはいえ弊社は、全ての銘柄について、ファンダメンタルズ分析で厳選した”いい銘柄・旬な銘柄を”、テクニカル分析上”最適なタイミングで”投資家の皆様へ推奨」というコンセプトで自信を持って推奨していますので、できれば全部、推奨時から仕掛けていただきたいです。

 

そこで今回、1株から売買ができる証券会社を紹介したいと思います。

「どうせ、新興のマイナーな証券会社じゃないんですか?また、一部の銘柄しか売買できないのでは?」

と思われるかもしれません。私もそう思っていました。

 

しかし、そんなことは無く、大手の証券会社が対応していました。私が自分で確認したのは、

  • SBI証券
  • SBIネオモバイル証券
  • auカブコム証券

です。

特に、「SBI証券」については、私とリサーチ担当が調べた範囲では、過去の弊社の推奨銘柄で、1株から買えない銘柄はありませんでした。

「SBIネオモバイル証券」については、私のみが調べましたが、大丈夫そうです。

「auカブコム証券」は、私のみが、イーディーピーなど数銘柄を調べましたが、問題無さそうです。

なお、残念ながら、大手の証券会社の一つである楽天証券は、1株から(単元未満株)は買えないようです。

 

他にも、こちらの記事によりますと、

  • マネックス証券
  • 岡三オンライン

が1株での売買に対応しているようです。(掲載されている、LINE証券、日興フロッギーは、買えない銘柄もありそうです)

 

1株で売買する場合に気をつける点は2点です。

  • 成行注文しかできない(私がチェックした範囲。約定のタイミング詳細については各社のホームページをご覧ください。例えば、SBI証券はこちらに記載)
  • 現物での取引しかできない(信用取引は不可のようです。私がチェックした範囲)

 

この辺りが納得できるなら、使わない手はないでしょう!

 

ちなみに、「SBI証券(または、auカブコム証券)に口座は開いているけれど、どこから注文するんだろう?」と思われる方用に画像を掲載しておきます。SBIネオモバイル証券はすぐわかるんですが、上記2証券会社は、初見では分かりづらいです。

SBI証券

WEBページから

アプリから

auカブコム証券

WEBから

アプリから

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。