推奨以来、あまりいいところがなく下がってしまっているこの銘柄。

中期経営計画にあるような本気の構造改革を評価しての推奨でしたが、アフターコロナ銘柄ということ、あるいはリスクオフのセンチメントの中で、安定感のある業界首位グループの銘柄だけがフォーカスされてしまっているという、悪い流れが重なってしまってのこの値動きとなっています。

 

ファンダメンタルズ的には推奨時の状況から変化はなく、ですのでむしろ下がったところは買いです。ただ、投資タイミングがより大きなカギとなっています。

昨年3月のコロナ急落の後、落ち着いた値動きとなった後のレンジでの安値まで、あと少しというところまで来ていますので、ここからのダウンサイドは大きくなさそうですから、長期的には買いです。ただ、今現在市場参加者のフォーカスから外れているのは事実なので、期間当たりのリターン率を考えますと、株価が戻り始めてから買った方が効率はいいかもしれません。

いずれにせよ、買い推奨のスタンスに変更はありません。

 

【新規推奨】オフィス関連銘柄

 

 

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。