昨夜発表の米CPIの数字が驚きの強さで、米10年債は1.6%近辺から1.7%近辺まで急上昇。インフレ懸念で米株は大きく下げました。

そのショックで日本株も本日弱かったです。

決算発表シーズンを越して業績相場になる前に、全体安相場となってやりづらいマーケットになってしまいましたね。

 

いずれインフレなのは分かってるし、昨日の数字は色々あった一時的な強い数字との見方も多く、そんなに大きい下げで反応をすることはなかったような気がします。しかし、テスラのビットコインによる購入停止のニュースで、ビットコインが急落したのもタイミング悪く、リスクオフの下げに一役買ってしまいました。

そういう意味では、ショックから目覚めて落ち着けば、戻りも早いかもしれません。ビットコイン次第かもですが。

 

で、現在の日本株の位置。

日経平均(テクニカルの一例から) 引け27448.01円

こうなるとチャート的にあんまり当てになる下値目途というのが無く。あえて言えば昨年12月に揉んでいた26,800円くらい。ここから下2.4%くらいとそれほど離れてない。

今年の2月高値から-10.6%。短期的には十分な下げ。

RSIが31。買いサインの30以下までもう少し。

ボリンジャーで-2.9シグマと-2以下なので売られすぎ。

色々取り交ぜまして、まあ余裕があればちょっとだけ買おうかなというところですかね。

 

TOPIX(ファンダメンタルの一例から) 引け1849.04

12ヶ月先EPSとPERから目標株価のレンジを決める。

 

コラム会員にご契約いただくと、以下の有料コンテンツをご覧いただけます。

・TOPIX下値メド算出詳細

 

この続き:481文字
ここから先は、リサーチのコラム(ライト)会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「リサーチのコラム(ライト)会員契約(30日間12,000円(税込13,200円))」が必要です
ご契約いただくには、「新規ユーザー登録」と「リサーチのコラム(ライト)会員契約(30日間12,000円(税込13,200円))」が必要です

※この記事は、リサーチのコラム(DX)会員契約(30日間48,000円(税込52,800円))でも読むことができます。

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム(ライト)

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。 個別銘柄の推奨数:原則として30日間に1銘柄