(後述の今回の参考銘柄は、やや短期的に+20%程度のリターンが見込まれるものです。)

 

6月の日経平均は、基本28,600円から29,300円のレンジでしたねと先週コメントしました後、ETF分配金の売り(直接的なものというよりは、それにのっかったトレーディングポジションの方の影響が大)で27,400円近辺まで下がった後、本日の引け値は28,718.24円とそのレンジの中まで戻ってきました。

6月も21日の急落の後は1日で戻していましたので、同じような動きというえば同じような動き。何らかの需給で下げてもちゃんと戻ってくるのは、相場は底堅いのだなとは言えます。

ただ、じゃあこれで日本株は本格反騰に向かうのかというと、まだ気が早いかもしれません。いまだ東京でのコロナ感染者数は下げ止まらず、引き続きオリンピックがリスクイベントのままでいるからです。

一方米株市場は引き続き絶好調。米10年債も今のところ読み通り1.2%台で下げ止まり、先ほど予想より強いCPIの発表もあって、1.3%台後半まで戻してます。インフレ懸念払しょくとなりませんで、米株指数先物は少し下げていますが、問題のない範囲です。今週はまだパウエルFRB議長の議会証言や、景気指数、鉱工業生産の発表もありますので、引き続き慎重な動きとなるのでしょう。

米株が粘りつつ、長期金利も下げ止まってくれれば、あとは日本のリスクイベントが去るのを待つだけです。引き続きやや小さめにロングを持ちながら、我慢の相場です。

 

全体感が少し頼りないので、今回はいつもとは少し変わった感じの参考銘柄です。

テーマに乗ってる、とか、大きな成長が見込めます、ではなく、ちょっと個別の材料に頼った決算プレー的なもの。

9月上旬に決算発表なのですが、そこで見込まれる上方修正に向けてうまく上昇してくれれば発表前に外してもいいし、決算をまたいでもいいし、でも株価の動きが怪しくなったらすぐ投げる、トレーディング的銘柄です。うまくいけばやや短期的に+20%程度のリターンが見込まれます。

この続き:458文字
ここから先は、リサーチのコラム(ライト)会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「リサーチのコラム(ライト)会員契約(30日間12,000円(税込13,200円))」が必要です

※この記事は、リサーチのコラム(DX)会員契約(30日間48,000円(税込52,800円))でも読むことができます。

イチオシ銘柄即提供!

プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム(ライト)

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。 個別銘柄の推奨数:原則として30日間に1銘柄