驚くほど強いマーケットですね。

 

実体経済(上場企業の決算及び今期収益予想)をみているといまだ株を買えるようなものではなく、い色んな事を考え過ぎる(考えなければならないのですが)プロほどこの上昇相場の波に乗れていないような気がします。

 

株価は今ではなく先をみるもの、そしてコロナ対策としての政府の(過剰)流動性供給。将来いつかは実体経済はリカバリーするだろうし、お金はジャブジャブにマーケットにあふれているという事で、いずれにせよ株価は上がるだろうというのを予見していたプロはそれなりにいたと思いますが、2番底も無くこの早いペースでの株価の戻りは予見し難いものでした。今となっては言い訳でしかありませんが。。。

 

それではここからマーケットはどうなっていくのか。

 

実体経済(バリュエーション)で測れる相場でないということは、無責任な言い方かもしれませんが、どこまで上がるのかは理論的に説明することが難しい出来ないということです。

実体経済のリカバリーのタイミング、流動性の増加具合から説明を試みるも、あまり納得のいく数字(シナリオ)は出てきませんでした。

 

この続き:711文字
ここから先は、リサーチのコラム(ライト)会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「リサーチのコラム(ライト)会員契約(30日間12,000円(税込13,200円))」が必要です
ご契約いただくには、「新規ユーザー登録」と「リサーチのコラム(ライト)会員契約(30日間12,000円(税込13,200円))」が必要です

※この記事は、リサーチのコラム(DX)会員契約(30日間48,000円(税込52,800円))でも読むことができます。

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム(ライト)

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。 個別銘柄の推奨数:原則として30日間に1銘柄