理由はいくつかありましたが、マーケットがやっと?調整を見せました。アメリカやその他の国で新型コロナの第2波を心配してということはあったのでしょうが、それは既に見えてたもので大きな新規材料とは言えず、やはりマーケットの流れを大きく変えるのはいつもFOMCといったところだったでしょうか。

 

FOMCでの金利を低くおさえる方針変わらずというのはコンセンサスだったでしょうが、22年末までゼロ金利を見込む、というのは結構なサプライズでした。金利低下は株式マーケットにはいいニュースですが、そこまで景気は悪いのかと、さすがに株も一旦は大きくネガティブに反応しましたね。

 

メジャーSQで一旦海外勢の買い(戻し)圧力が減少するのではないかという懸念もあったので、特にSQ日においては需給的に下かなとは思われていましたから、下げたことそのものは大きな驚きではなかったのではないでしょうか。ただ、日経で3%以上、マザーズで5%以上下げたところから1%未満への下げへの戻しはびっくりでした。いやはや強い。

 

前回のコメントでも申し上げましたが、プロほど最近の戻しについて(買えて)いけてなかったマーケット。下がったところはすかさず買いが入ってくるようです。引き続き過剰流動性マーケットの中、需給中心の値動きはまだしばらく変わらないので、ここは

 

この続き:489文字
ここから先は、リサーチのコラム(ライト)会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「リサーチのコラム(ライト)会員契約(30日間12,000円(税込13,200円))」が必要です
ご契約いただくには、「新規ユーザー登録」と「リサーチのコラム(ライト)会員契約(30日間12,000円(税込13,200円))」が必要です

※この記事は、リサーチのコラム(DX)会員契約(30日間48,000円(税込52,800円))でも読むことができます。

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム(ライト)

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。 個別銘柄の推奨数:原則として30日間に1銘柄