日本株は非常に不思議というか、やりづらいというか、大きな流れとして何のファクターで動いているのかが良く分からず、その流れにのったベットができないマーケットになってますね。まあ夏枯れ相場的にボリュームもそれほどないし、お盆前ですので、無理してポジションを取らなくてもいい、あるいは取るべきではないのかもしれません。

 

先月の頭もちょっと荒れまして、ボラティリティの低い銘柄を買い、グロース株を売るというリバランスバスケットが結構大きめのサイズであったようで、目立って中小型株がいきなり大きく売られる展開でした。でもその流れは二日続いて終わりまして、中小型株はその後何もなかったように一週間かけてリバウンド。中小型株界で心配されたグロース株からバリュー株への本格的な相場の移行とはなりませんでした。

 

で、今月。

昨日のマーケット全体の上げは、先週末かつ月末の大きな下げからのリバウンドという事でまあ分かります。ドル円がいよいよ105円を切って、円高が加速する懸念から日本株は大きく売られ、そして結局円安に戻ったので買い戻されただけといえばだけ。

そして今日の上げはドル円とは関係なく、コロナウィルスに対するワクチン開発の進展への大きな期待から全体が買われまして、ファクターとしては先月の頭のようにバリュー株が買われ、グロース株が売られています。ただ今回はファクターで動いているというよりかは、結果的にそういうファクターの動きになったという感じ。コロナウィルスを完全に鎮圧した世界を見通したごとく、その懸念で売られていたセクターが強烈に買い戻されました。人の移動関連ということで空運と陸運、景気不安解消ということで海運、鉄鋼といったセクターあたりですね。

 

現段階でこうすべき、というのはなく、ここで言いたいのは、

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間48,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
全てのライターのコラム会員記事を、新規ユーザー登録完了から24時間無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたヘッジファンドのファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を再び日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)