イギリス発信の悪材料(感染力の強い新型コロナウイルス、EUとの合意が難しそう)で弱かった欧州株を受け、弱含んで始まった米株は引けにかけて値を戻しましたので、日本株も小幅安くらいかなと思いましたが、想定よりやや弱かったですね。

 

特に東証マザーズ指数はいいところなくズルズルと下げ-4%は少し驚きました。IPO系の銘柄だけ賑わい、他は年末にむけ利益確定なのか損切なのかは分かりませんが、売り圧力は相当なものでした。最近需給だけで上げ過ぎていた銘柄も大きく下げていましたが、ファンドが持ってるようなファンダメンタルのいい優良株もひどい売られ方をしていて、これも年末前に何か大きな解約でもあったのかと思わせる動きでした。

そんな需給だけど言えばだけの動きでしたので、明日どうなるかも需給次第。希望的観測もありますが、大きな売りはクリスマス前には終わるはずですので、明日、明後日で切り返すのではと思っています。逆にまだまだ下げてしまうとテクニカル的には明確なサポートは無く、あえて次の節目はというと1080ポイントぐらいで、そこまでまだ-4%ぐらいの覚悟は必要かもしれません。しかし我慢は相当ですが、来年にむけ売られすぎたいい銘柄を丹念に拾っていく局面だと思います。

今夜0時発表の米消費者信頼感が変なものでなければ、明日はリバウンドを期待できそうです。

 

 

 

無料メールマガジン

\イチオシ銘柄即配信!/
プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]