マーケットというか日経平均というか、変わらず強いですね。

今日はさすがの日経平均もマイナスでしたが-0.6%と、最近の急激な上げの後では誤差の範囲ぐらいでした。むしろ下がってもちゃんと戻ってくるという、このレベルでもまだまだ買いニーズは衰えないのだなということが確認でき、底堅さは変わりません。

 

一方で東証マザーズ指数は-2%と冴えませんでした。ただまあ-26ポイントのうち、メルカリで―11ポイント、フリーで-7ポイント、マネーフォワードで-3ポイントですから、それを除けばまあちょい安とも言えますね。

米長期金利がとうとう1.2%を明確に突破し、昨夜から1.3%越えとなっています。低金利(と流動性)を当て込んだ株の買いが引っ込んで急落するかも、特にグロース株が売られるかも、という心配は、今のところは杞憂に終わっています。ただ、本家アメリカよりも今日は日本市場で、指数の動き以上の一部グロース株の下げが散見されました。昨年12月上場銘柄であるプレイド、ヤプリ辺りは理由もなく大きく下げていました。

 

VNKYなどボラティリティ指数も幅は大きくありませんが、ジンワリ上昇してきています。あるいは日中の日経平均先物の動きを見ていますと、例えば昨日は30715円まで買われた後に、急に30295円まで売られ、その後戻して現物が30467.75円で引けた後に先物は30610円まで買われるような妙な動きがありました。本日もごく短時間で100円とか200円動くようなこともあり、何かちょっと気持ち悪い感じがありましたね。

 

ファンダメンタル、テクニカル両面で割高感がある中を、需給の良さで上げているマーケットです。米長期金利が上がることで何かがトリガーされ、ボラティリティが上昇することでCTAの売りが出てくるようなことがあるのか、そこを警戒して見ています。

 

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)