TOPIXは前引けで-0.54%と、-0.5%より下がっていましたが、日銀はETFの買いを入れてきませんでした。

3月の金融政策決定会合に向けて金融政策の点検中であり、今後は-0.5%以上下げたら買うという機械的な運用はせず、株価上昇時には買い入れを抑制することを明確化する検討に入った、という報道もあります。

 

そんなこともありまして、今日の後場は弱含みとなりましたが、大きな下げとはなりませんでした。レベル感は分かりませんが、下げたら買うというところは変わらないわけで、一定の安心感はありました。

 

ただ日経平均が3万円を回復し、さあこれから上なの下のと市場関係者がざわついてるところであり、米長期金利が1.2%を超えて、金利上昇による株式への売り圧力が心配されているというところでのこのニュースは、タイミングが悪いですね。ボラティリティが上がりそうで、ちょっと嫌な感じです。

 

 

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム(ライト)

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。 個別銘柄の推奨数:原則として30日間に1銘柄