先週もコメントしましたが、日中の値動きも含め、マーケットのボラティリティが上がっています。やはり日銀によるETF買い入れ方針の変更を警戒していることと、米長期金利もやはりまだジワリと上昇中なのがボディーブローのように効いていまして、少なくとも指数は上がりづらくなっています。

一方でWTI原油先物は$60を超えてまだ強含み。商品相場も同様に堅調です。昨夜の米株式市場をみても、景気敏感株やバリュー株が強く、グロース株が売られる流れで、米ダウ平均はちょいプラスなのに米ナズダック指数は-2.5%となっていました。同様の流れは日本株でも続くと思います。

 

さて、マーケットが膠着すると材料株が元気になってきます。昨日また物色されたのは暗号資産関連銘柄。マネックスが+9.2%だったり、セレスやリミックスポイントはストップ高まで買われたり。

昨年12月中旬のテスラによるビットコイン購入観測から、上げが加速していたビットコイン。当時はまだ2万4千ドルくらいでしたが、1月末のイーロンマスク氏のツイート(ハッシュタグ)と実際のテスラによる15億ドル分のビットコイン購入を経て、6万ドル近辺まで上昇。しかし昨日はそのイーロンマスク氏による「高すぎるようにみえる」ツイートと、イエレン米財務長官の「投機性が強く、利用者は警戒が必要」発言により、一時5万ドルを割ってから今は戻してたりと、なんとも激しいです。

弊社は材料株はファンダメンタルの裏付けが乏しく、値動きが激しすぎるため、基本的に推奨はしませんし、かつその元ネタの資産がさらにボラタイルだと、ボラティリティの2乗になるのでなおさらやりません。上昇を指をくわえてみてるだけなのですが、そこは仕方がないと。

 

(暗号資産に関し、弊社として購入を推奨するものではありません。)

ただビットコインや他の暗号資産は、資産性はともかく金融商品として存在していることは事実なので、常にモニターはしています。どうせこれに関連してなにかやるなら、関連銘柄ではなく暗号資産そのもので、少ししゃれ的にやるのはありかもしれません。

数ある暗号資産の中で、初心者がやるのであれば時価総額、流動性でナンバーワンのビットコイン一択ですよね。短期であれば、もう上がってしまっているのですが、今夜20時に重大発表があるというNEM(XEM)が面白いかもしれません。Symbol(XYM)のエアドロップに関するニュース(スナップショット日とローンチ日)だと思われますが、そこに向けて上昇し、そこから更に上がるのか下がるのか、楽しみです。(ただ、”延期します”のニュースかもしれませんので、注意が必要です。)

 

 

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)