中小型株、特に東証マザーズ銘柄で、成長株ではあるもののバリュエーションが高く、株価の絶対値が高い銘柄全般が売り圧力を受け、この銘柄も大きく調整中。

最近大株主がブロックトレードによりその所有株式数の70%を処分。売却先が長期保有目的かどうかが判然とせず、需給不安を生んでいる。と同時に、ファンダメンタル面での不安(この大株主との今後のビジネス関係が引き続きうまくいくのかどうかなど)も呼んでいる。

 

しかし、弊社取材によればこの大株主の売却は、

この続き:850文字
ここから先は、リサーチのコラム会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「リサーチのコラム会員契約(30日間52,800円(税抜価格48,000円))」が必要です
\ 初回30日間無料 /
無料期間中に解約すれば会費はかかりません

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。