先週金曜日の米株式市場で、2兆円!!!を超えるブロックトレード(大きなサイズでの一括売り)があったというニュースがあり、それがあるファンド(アルケゴス)の運用失敗による資金難によるものとの続報があって、2007年パリバショックからのGS(ゴールドマンサックス)グローバルアルファの大損、そして2008年リーマンショックへとつながっていく嫌な流れを思い出し、東京市場はどうなるものかと冷や冷やしました。

 

しかし今日はETFの配当再投資の先物買いが大きく出る日という事もあってか、何ごともないかのように主要指数はプラス圏で引けました。2000億円以上の損失可能性が報じられた野村証券は-16%でしたし、CS(クレディスイス)も損失の可能性があると報じられた後場は全体的に弱くはなりましたが、それでもプラスで引けたのですから立派なものです。(ただ野村証券の関連ポジション整理はまだ終わってないということなので、明日も引き続き注意が必要です。)

 

現時点で日本株式指数先物はプラス圏となっていますので、一応このニュースによる悪影響は終わった感はあるのですが、米株式市場は下げています。3月末の日本株は荒れがちとコメントしてまいりましたが、今回の混乱は日本ではないところ発とはいえ、引き続き明日明後日と警戒モードで臨みたいですね。この一件が無ければ、先週の28500円割れのところからいいリバウンドの流れになっていましたので、買いたい気持ちがうずうずしているのですが。。。上手くいかないものです。(おじさん世代のリーマンショックの経験による警戒モードが勝つのか、そんなの知らない世代のブルマーケットだからどんどん買いモードが勝つのか、そんな世代間の戦いもひそかにあります。)

 

 

 

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)