先週末まで米10年債金利は上がり続けて1.7%を超え、株式市場は調整やむなしと思っていたのですが、今週は落ち着いて1.6%前半まで落ちてきたにも関わらず、株式市場は弱含むという展開。日米とも金利が下がったら下がったで、それは景気回復はやっぱり遠いという証拠だから株は売りだという声が多く聞こえてきまして、でも今までは金利が上がったら売りって言ってなかったっけ?という一貫性のない展開。

 

日本株の場合は、元々あった高所恐怖症と日銀のETF買い入れ方式変更(日経平均は買わない)による困惑、それからコロナウィルス新規感染者数が下げ止まったということもあり、米株よりもきつい下げとなりました。とくに昨日今日は、これまでマーケットを引っ張ってきた景気敏感株、バリュー株、アフターコロナ銘柄あたりが大きく下げまして、指数以上に雰囲気は悪い感じでしたね。

 

弊社でもこれまでいくつかバリュー株やアフターコロナ銘柄を勧めてきましたが、今日は非常に苦しい展開となっていました。コロナウィルスの状況次第というところもありますので、今が買い!と断言するタイミングは難しいのですが、まだ買い持ちが無い方々は、少しづつ買っていっていいところだと思います。コスト低くロングの方は少し外してもいいのかもしれませんが、ロングの方もじっくり長期投資でそのまま基本買い持ちのままをお勧めします。


日銀のETF買い入れ方式変更の影響がまだ残るなか、ETFの配当分の先物買い(詳しくはインデックス(リバランス)のコラム参照)というイベントを今週末から迎えます。加えて、3月末は日本の年度末という事もあり、指数の動きもそうですが、ファクターの動きがぐちゃぐちゃになって個別株も荒れ気味な時期です。全体のエクスポージャーは控えめで行くべきところだと思います。

 

そういう状況ですので、なかなか新規推奨銘柄が出せません。。。そこで参考銘柄(NFT=ノン・ファンジブル・トークン関連)を一つ。今月からNFT関連銘柄が動いておりますが、そこら辺のビジネスやってるなということは分かっても、NFTビジネスがまだ新しすぎて、収益モデルをはっきり提示する段階にはないようです。ここでご紹介する銘柄もまだこれからどうなるかは分からないのですが、早くからNFT企業への出資もしてきており、社長が興味深い人ですというところで、長期投資でシャレで少し持っておきましょうというレベルでのご参考銘柄です。

 

この続き:191文字
ここから先は、リサーチのコラム(ライト)会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「リサーチのコラム(ライト)会員契約(30日間12,000円(税込13,200円))」が必要です

※この記事は、リサーチのコラム(DX)会員契約(30日間48,000円(税込52,800円))でも読むことができます。

イチオシ銘柄即提供!

プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム(ライト)

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。 個別銘柄の推奨数:原則として30日間に1銘柄