これまでのマーケット一言で、3月末の日本株は荒れがちなので警戒モードでと言ってきたのですが、29日にETF配当再投資の買いもあって上がった後の月末は、荒れるわけではなくただ上がった分下がるだけのマーケットで、無風と言えば無風通過でした。

 

で、4月になりまして、新年度益出しの売りを警戒するところもありましたが、バイデン米大統領による2兆ドルの追加インフラ投資の話で米株が強いのに引っ張ってもらい、日経平均は一時3万円を回復。しかしこのレベルではやはりまた公的っぽい売りが観測されまして、すぐに3万円割れに逆戻りしてしまいました。

 

米追加インフラ投資に、さりげなく半導体分野の設備投資も含まれていたことで、日本でも半導体株が強くなりました。3月上旬まではバリュー株優位だったところが、下旬にはグロース株再評価で強くなってたところに、ハイテク株全般が強くなったため、日経平均主導でマーケット全般上がっていたのですが、前述の需給要因もあり、またハイテク株に続くテーマがはやされることもなかったので、少しグダグダになっている現状のマーケットです。しかも昨日今日で少しバリュー株が戻ってきている感じになっており、グロース株なんだかバリュー株なんだか、どちら主導かもはっきりせず。

 

もう少しはっきり何かが見えてくるまで、少しお休みモードです。(でもまだ半導体株と、東証マザーズの直近上場銘柄で短期的な勝負は出来ると思います。)

 

あと、米原油先物が60ドル近辺をうろうろしているのですが、60ドルをキープできず明確に下げ始めたら要注意です。

無料メールマガジン

\イチオシ銘柄即配信!/
プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]