相変わらずぱっとしないマーケットです。東証1部の売買代金が、とうとうまた2兆円すれすれまで減ってしまいました。

 

マーケットが上がると公的やらなんやらから売りが出てくるし、なんとなく年度初めで動きづらくてというところで、見てるだけ的な相場になってますね。それでも買いのパワーが出てくるような何かがあればいいのですが、買い材料は「米株が強い」ぐらいしかありません。で、セクター的には、米半導体株が上がったから日本の半導体株も上がる、というグローバルプレーはできるのですが、米インフラ関連が上がったからといって日本のインフラ関連は上がれません。結果、しょぼしょぼです。日本はまだコロナ対策に追われていて、政府から本腰入れた何かが出てこないので、日本株の買い材料がない。。。目新しいのはこども庁関連ぐらいでしょうか。

 

業績相場への移行期、決算発表シーズンの開始前、なので静かなのはしょうがないということにしておきましょう。毎回先陣を切って発表して、トレンドを少し決める安川電機の決算、それほど悪いものには見えませんでしたが、ピークアウトを心配する向きもあって、株価は-7.1%となってしまいました。本日会社による決算説明会をしているはずですので、それを受けて明日リバウンドできるかどうかに注目です。株価が戻すようであれば、機械株を少し多めにロングにしてもいいかもしれません。

 

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)