昨日おとといと少しマーケットが活発になりそうでしたが、きょうはまた東証一部売買代金が2兆円すれすれまで減ってしまいました。決算期、そして日米首脳会談前と、”今あえてやらない理由”がありますので、プロもそれをいいことにというか、なんか様子見です。で、より盛り上がらないという悪循環。

 

米金融市場の方では、米10年債金利が1.6%近辺まで戻ってきました。1.8%から下がり始めの頃は米ナズダック指数銘柄が買われたりしていましたが、それも続きませんでした。ここで1.6%を割ってくるとむしろ景気悪化懸念で売りシグナルになりかねない雰囲気。。。

 

再び日本。コロナ新規感染者数も増加傾向が続き、昨年はそれがむしろ買い材料(政策期待)になっていましたが、ここから新しい政策が出てくるとも思えないので買い材料にはならず、でも金融緩和は続くので売り材料にもならず。

巣ごもり銘柄がまた物色されたりしていますが、個別物色の域を超えず、全体の大きな波にはなっていません。暗号資産関連も米コインベース株上場で一服し、トリチウム関連銘柄(イメージワンなど)も長続きは出来ないかなと。。。

 

ちょっとグダグダの文章になってきました。頼みの綱という事で、いくつか決算プレーを推奨していきたいと思っています。ただ、今回の決算は出た後の値動きが激しく、そしてファンダメンタルでは問題ないのに、需給だけで売られた銘柄などの戻りがいつもより遅い傾向がありますので、タイミングを見計らいながらやっていきます。少々お待ちくださいませ。

 

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)