大きなテーマ物色もなく手詰まり感のある中、国内では緊急事態宣言を含めたコロナ第4波懸念で買いづらい雰囲気になり、今月はずっと我慢の相場になっていますね。

前回コメントしました、”今あえてやらない理由”のうち、日米首脳会談は終わりましたが、”バイデン米大統領が一番最初に会う国”が日本だということが重要だったなのは分かっていますが、その他に特段何の新味のないものでしたね。ファイザー社のワクチンを確保してきたのはいいのですが、時期が9月までに全国内対象者分ということになると、かえってネガティブな印象となってしまいまして、菅首相の目論見(いいニュースでしょと言いたかった)は外れたという感じでしょうか。

 

そして今日は米株が少し弱かったり、ビットコインが急落したりなど、リスクオフ要因が重なって少し大きめの下げになりました。

 

米長期金利は安定し、原油先物価格も引き続き強い動きですので、相場が急落するといった心配は今のところ無さそうです。しかしなにしろ米株の強さ以外に日本株が強がる理由が無く、今日のように米株が少し弱くなってくると日本株はもっと下げるという事になりますと、もう少し下を警戒しなければなりません。日経平均で直近安値の28,400円あたりまでは覚悟しておりまして、そこまでは、下がれば少しづつ買い増しながら、リバウンドを待つというスタンスをお勧めしています。

 

イチオシ銘柄即提供!

プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム(ライト)

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。 個別銘柄の推奨数:原則として30日間に1銘柄