銘柄というか、ニュース

 

NFTのことが、本日開催の財政金融委員会で取り上げられました。

後場、いくつかのNFT関連銘柄が軒並み上昇していましたね。

政府側のスタンスはまだイケイケという訳にはいきませんが、NFTという技術が政府や政治家の中で認識されているという事だけでもポジティブです。

引き続き長い目で見ていきたいと思います。

 

日本維新の会の音喜多議員がNFT(非代替性トークン)やFATF(金融活動作業部会)のガイダンス内容などについて質疑。

文化庁出倉審議官の答弁

「ブロックチェーン技術など最新技術の活用に関しては・・・アート市場の活性化に有用であると考える。」

音喜多氏

「NFTは日本の文化コンテンツを世界に売る武器にもなり、社会的にも今後有用に活用され得る。」

麻生大臣の答弁

「NFTは、コンテンツの管理や取引に有用なものであるため、NFTやブロックチェーンといったものに関して、技術の話がよくとりあげられるが、安全性の確保や利用者保護を充分に考えないと、だまされる人もいる。」

「新たな技術をもってしてイノベーションに挑戦することは、望ましいと考えているが、NFTのコンテンツが極めて高額で取引されている例を見ると「投機マネー」ということになるので、そういったことも考えていかなければならないという声もある。」

音喜多氏

「NFTは日本社会にとって有益になる可能性が非常に高く、イノベーションを是非促進して取り組んでいただきたい。」

(出典:COINPOST)

 

【フォローアップ】NFT関連銘柄

無料メールマガジン

\イチオシ銘柄即配信!/
プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]