火曜日の夜に、本格反騰はまだだから、小さめロングで我慢の相場でというコメントを致しましたが、頼りの米株市場が調整色を強めたことで、日本株はまた28,000円まで下がってきてしまいました。今日の日経の下げの半分は、ともに悪材料のあったファーストリテイリングとエーザイの下げの分ですから、実質は見た目ほどの下げではなかったと思いますが、それでも雰囲気は悪くなってしまいましたね。

 

TOPIXと東証マザーズ指数はまだ踏ん張ってる感があります。先週の木曜日から準公的の買いがパッシブ中心に入っているようで、それが中小型株を支えている感じです。実際今日はJPX日経中小型株指数はプラスでして、この指数は月初来も1.3%のプラスです。また、いい業績を発表したものは素直に買いが入って、大きく上げるものも目立ちました。日経やTOPIXのようなインデックスの下げにはどうしても影響を受けてしまいますが、中小型株においては上げってるものはついていく、下がっているものはじっくり買う、といったスタンスでいいと思います。もちろん、ファンダメンタルズがいいもの限定です。

現在の米株市場は、小売売上高が予想より強く、ミシガン大学消費者マインドは予想より弱かったということで、方向性に迷いが出ている感じの中、今は少し下げています。インフレがどうとか、金利がどうとかよりも、方向性が読めないという迷いそのものが、買いの手を引っ込めさせているという印象です。こうした感じはまだ続きそうです。

 

 

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)