今週になってマザーズ指数が弱含んでいます。

 

6/29、30あたりの弱さは、半期末でさすがに利益確定の売りが機関投資家から出てるのかなぁと思いまして、まあ通常の調整ぐらいに思っていましたが、昨日(7/1)から、特に今日(7/2)はマザーズ指数の下げも大きいですが、それ以上にいくつかの中小型株の動きがひどい。バラバラな動きだし、下がってるものは理由なく10%以上下がったり。

 

コロナ第2波懸念といえばそうかもですが、大型株の指数はそれほど弱くない。上がってる局面もあるぐらいで。

 

(下)半期スタート特有の需給による動きの可能性が大きいと思います。その需給がいつお終わるのかは分かりませんが、理由なく大きく下がっているものは、今日から明日にかけてとりあえず少し買い増しを推奨します。

 

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

ヘッジファンドのファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を再び日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断をし、デルタ(リスク)のコントロールとともに、どの個別株で勝負すべきかの投資判断をお知らせするコラムです。

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)