今週になってマザーズ指数が弱含んでいます。

 

6/29、30あたりの弱さは、半期末でさすがに利益確定の売りが機関投資家から出てるのかなぁと思いまして、まあ通常の調整ぐらいに思っていましたが、昨日(7/1)から、特に今日(7/2)はマザーズ指数の下げも大きいですが、それ以上にいくつかの中小型株の動きがひどい。バラバラな動きだし、下がってるものは理由なく10%以上下がったり。

 

コロナ第2波懸念といえばそうかもですが、大型株の指数はそれほど弱くない。上がってる局面もあるぐらいで。

 

(下)半期スタート特有の需給による動きの可能性が大きいと思います。その需給がいつお終わるのかは分かりませんが、理由なく大きく下がっているものは、今日から明日にかけてとりあえず少し買い増しを推奨します。

 

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]