東証マザーズ指数は10/14に1368.19の高値を仕えた後、10/27には1161.82まで売り込まれ、2週間弱で15%以上下がるという調整を見せました。その27日は先物主導で急激に戻すなど、10/23以来1200付近もしくは下では買いが入ってくるため、わずかに1200を割って引けた10/26を除き、本日もなんとか1200以上で引けています。

 

ちょうど2週間前くらいから欧米での新型コロナウイルス患者が急増し始め、また11/3の米大統領選前でのリスクオフ(もしくはポジションの縮小)の需給(GAFAの弱さも一因)も加わって中小型株は急落しましたが、日経平均やTOPIXはほとんど下げていません。欧米株と比べても下げ幅は小さくなっています。

新型コロナウイルスの悪影響が欧米よりも少ないということで日本(と日本株、主に大型株)の再評価がされている、あるいはバイデン新大統領誕生を織り込むのであれば、バリュー株(これも大型株)が多い日本株は有利など、様々な意見が出ております。でも欧米の経済状況が悪い時に日本株が売られると、グローバル景気敏感株(大型株)が多い日本株が下げるのはしょうがないといった意見もあったわけで、上げるにせよ下げるにせよ、結局後講釈のような気がしてなりません。

 

ファンダメンタルも当然見ておりますが、需給面での動きも大事にするディーラー出身の私としましては、単純に値動きの良い中小型株(マザーズ銘柄のような)ロング、大型株(日経平均銘柄のような)ショートのモメンタムファクターにかけた指数アービトラージ的ポジションが、リスクオフの状況の中で急激にアンワインドされたためこうなってるだけ、のような気もしています。

 

ではこれからどうなるか。それは米大統領選の状況次第。それはそう。

でも米大統領選イベントでのトレード(状況を見ながらなので今の段階はなんとも)は別でやるとして、明日と11/2の動きとしてはどうか。マザース銘柄の買いが続くかどうかは不明なのでそこにベットはしませんが、少なくとも大型株においては、上記アンワインドが終わった後の、リスクオフ継続の売りだけが残って結局日経平均やTOPIXが大きめに下がるかもと考えています。

ただ、トランプ現大統領が最終兵器的なマーケットポジティブなものを何か出してくる可能性は捨てきれず、単に先物ショートは怖い。

日経平均オプションですと、

この続き:367文字
ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間10,000円(税別)
\ 初回30日間の無料期間あり /
さらに、全てのコラムのコラム会員記事が、新規ユーザー登録完了から24時間無料
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)