東証マザーズ指数は-1.4%と、昨日上げた分をぴったり下げるという、ある程度想定通り?な悲しい展開。

売買代金も1300億円ちょいと、エネルギー不足は明らかでした。

 

先物においても売り圧力は鮮明で、(現物ロング)先物ショートのロールで期近はプレミアムまでありがちなメジャーSQ日近辺において、終始ディスカウントというイレギュラーな展開。ピュアなロング勢、もしくは東証マザーズ指数ロング&日経ショート勢のアンワインドが続いているのだなという印象が非常に強かったです。

 

しかしそうはありながら、荒れることが多いメジャーSQ週の水曜日をそれなりに順調にこなしました。

また、あくまでも感覚的で説明は難しいのですが、現物株中心の買いは着実に入っていたような印象もありましたね。

 

先物プレーヤーの大きなフローはメジャーSQ週の水曜日に終わることも多いです。(だから荒れることも多い)。

SQ前にやらなければならないフローをこなし明日一気に需給改善!、となるのは難しいでしょうが、本日は下げはしたものの少し希望が見えた日であったように思います。

 

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム(ライト)

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。 個別銘柄の推奨数:原則として30日間に1銘柄