米株市場が弱かったことと、特に日経平均においては先週金曜日の上げが急だったこともあって、全般弱いスタートとなりましたが、日経平均、TOPIXともにちゃんと戻ってきて金曜日の終値を挟んでうろうろしたあと、きちんとプラスで引けました。コロナ関連で緊急事態宣言が出ているわけですが、過剰流動性相場の中、下がったら買いたい勢力はまだまだ強いわけで、押し目待ちに押し目無しの典型的な展開となりました。

 

米長期金利が引き続き上昇し、1.1%台まできてしまっているので、ひきつづきバリュー優位、グロース劣後の展開でした。米長期金利は1.25%がテクニカルでの上値の目途となっており、あるいはFRBが介入してくるのは1.5%を超えてからという見方もあって、とりあえず1.25%-1.5%辺りまで金利が上昇するまでは、バリュー株を持ちつつ、グロース株の買いは待つ、というスタンスをキープすべきと思います。

 

ところで、新電力関連銘柄群が1月5日辺りから急落しています。1月4日引け値から今日の引けまでで、グリムス(3150)-28%。ホープ(6195)-31%。

寒波襲来による電力需要増と、LNG在庫不足による電力供給不安で、JEPXでのスポット価格が、12月初旬の5~6円からこのところ150円越えまで急上昇しているためです。元々バイデン新大統領関連銘柄としてそこそこ高いバリュエーションまで買われていた銘柄群ですので、下がったとはいえ生半可なレベルで買うと痛い目にあいそうですが、いずれにせよ環境は長期的に続くテーマですので、いいところを選んで買いにいきたいと思います。全体感としてグロース株が不利な展開でもありますので、銘柄とタイミングは慎重に選ぶべきですが、狙っている銘柄が一つ。

 

この続き:329文字
ここから先は、リサーチのコラム(ライト)会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「リサーチのコラム(ライト)会員契約(30日間12,000円(税込13,200円))」が必要です

※この記事は、リサーチのコラム(DX)会員契約(30日間48,000円(税込52,800円))でも読むことができます。

イチオシ銘柄即提供!

プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム(ライト)

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。 個別銘柄の推奨数:原則として30日間に1銘柄