米株市場ではゲームストップ株やその他のショートカバー急騰銘柄が、下降に転じるなど少し落ち着きを取り戻し、米VIX指数も30を切って27台まで下がってきました。とりあえずはひと段落といった感じですね。

 

それとともに日本株もこの二日で急速に戻してますが、感覚的にはこの件での急落前に対して半値戻しといったところで、ままだといった感じ。下がったところは買いたい投資家はまだ多いので、戻るのであればこれくらいまでの戻りはある程度想定内です。それに対し、どうも今日は公的資金が売っていたという観測があるのが気になるところ。日経平均で29,000円の手前では観測されていましたが、28,000円台前半でも売ってくるのは少し想定外でした。ここから上はしばらく少し辛いかもしれません。ただこの売り、経験的には1週間くらい続いて終了することが多く、そのあとはまた29,000円を目指す動きとなるのでしょう。米株次第というところもありますが。

 

今日は中小型株全般強い動きとなってまして、東証マザーズ指数も望み通り1200ポイントが昨日サポートとなったあと、本日は1253.48まで戻してきました。全面高といった感じでしたが、米テスラのイーロン・マスクCEOがSNSでバッテリー増産を供給業者に求める発言をしたこともあり、リチウムイオン電池関連からのEV関連全般の銘柄が非常に強かったのが印象的でした。

 

さてそんな中、緊急事態宣言の延長が決まってしまい、新型コロナウィルス悪影響銘柄群は弱いのかなと思いましたが、指数以上に強い銘柄も目立ちました。新規感染者数が減少傾向にあることの方を見ているといったところですね。もう2月ですし、季節的にも感染者が減っていくのが期待されるところではあります。

 

そこで買い推奨したい銘柄が一つ。観光関連銘柄です。もう1回下押ししてからお勧めしようとチャンスを伺っていたところ、押し目待ちに押し目無く、底値での推奨というわけにはいきませんでしたが、それでもコロナ後を見越して戻すのであれば、まだまだ序盤戦です。観光関連銘柄のなかでも、この銘柄は海外旅行の比重が高く、戻すタイミングは他の観光関連銘柄と比べて遅くなってしまうかもしれませんが、もう戻し始めているので買っておかないといつ急騰するか分からないということで、このタイミングでの推奨です。海外旅行の比重が高い分だけ、昨年来高値からの下落率も大きいので、時間はかかるかもですが戻しが大きいであろうということで、この銘柄をチョイスしてみました。

 

コラム会員になっていただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・銘柄名
・目標株価
・目標アップサイド

 

この続き:76文字
ここから先は、リサーチのコラム(ライト)会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「リサーチのコラム(ライト)会員契約(30日間12,000円(税込13,200円))」が必要です

※この記事は、リサーチのコラム(DX)会員契約(30日間48,000円(税込52,800円))でも読むことができます。

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム(ライト)

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。 個別銘柄の推奨数:原則として30日間に1銘柄