弊社代表・渡邉のコメントが、日経新聞のスクランブルで取り上げられました。

WEB掲載URL:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGD054IC0V00C21A3000000/

有料会員になるとお読みいただけます。あるいは、日経電子版へ会員登録することで、月10本以内なら上記記事も含めて無料でお読みいただけます。

記事の要約

長期金利が上昇し始めたことを受け、ハイテク株さえ持っていれば勝てた状況が変わりつつあり、保有株を割安株に入れ替える投資家が増えてきた。先んじて有望な割安株を発掘し、資産構成を組み替えられるかが今後の勝敗を左右しそう。

「ようやく目利き力で勝負できる相場になってきた」と、日経平均の急落にも気落ちせず、きわめ投資で「ロング・ショート戦略(割高な銘柄を売り持ち、割安銘柄を買い持ちして、銘柄間の価格修正による収益機会を狙うもの)」を運用する渡邉泰良代表は話す。株式運用の本分である銘柄選別が問われるようになるためだ。

投資家による銘柄入れ替えが本格化すれば、割安株優位の地合いが強まり、個別銘柄の選球眼がより強く問われる展開になりそう。

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。