日経平均は8連敗でストップしましたが、TOPIXは9連敗。

ようやく下げ止まった日経平均も、前場で一瞬28,000を回復してからのナヨナヨ引け27,678.21円と、芯の入った強さはまだ感じられませんでした。

 

しかし、日経平均の引け値だけを見ますと、昨日の引け27,528.87円から今日の引けまで150円弱上げた、だけにしか見えませんが、昨日の午後5時くらいに、先物は一旦27,000円を割って26,980円まで下がっていましたから、そのあと本日28,000円ちょいまでリバウンドを見せての引け27678.21円だという点を考えますと、底打ち感というか、よく戻ってきたなという感慨がありました。

 

昨日急落を始めたタイミングが、予想外のニュージーランド中銀の7年ぶり利上げ、からのグローバル金利上昇懸念と、一応説明をしようとすればできますが、それでも下げ幅が大きすぎで、メジャーSQ前ではないとはいうものの、SQ週の水曜日ということで、それ以前の売り圧力も含めて、なんらかの特殊な需給(売り)があったのかもしれません。

 

その需給が終わったためなのか、現在日経平均先物は27,950円まで戻していて。

 

で、明日8日

日本株、寄り付きはSQ。引け後に安川電機の決算発表で、決算発表シーズン開始。

中国株が国慶節明け。中国恒大集団問題で何か出てくるのかどうか。

米雇用統計。テーパリング開始時期と金利上昇懸念がどうなるか。

 

米雇用統計を見るまでは大きなリスクは取りづらいですが、あく抜けの後、来週は本格リバウンドを見たいですね。

 

イチオシ銘柄即提供!

プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]