ちょっと古い話題ですが、衆議院選挙。事前の報道で自民党苦戦が伝えられていましたが、まあそうは言っても野党も野党だし何とかなるんだろうと思っていましたら、自民党単独での絶対安定多数。解散から選挙までの日程を短くした岸田総裁の作戦勝ちでしたね。

 

翌日のマーケットは急伸し、その後も米株の強さに引っ張られて日経平均は3万円を目指しましたが失速。イベントで上げるけれども、後が続かず下がってしまうパターンの再来です。政策もまだ出てこないタイミングなので、材料不足はしょうがないところではあるのですが。。。

そういうしゃっきりしないマーケットで、方向性も定まらず、中々コメントができませんでした。。。

 

決算発表は順調に進んでいます。数としては上方修正のほうが多いのですが、そして上方修正してストップ高ももちろんあるのですが、期待が大きすぎたのか上方修正して株は売られるのパターンの方が目立ちます。全般的な新型コロナの影響、資源高、半導体不足、自動車減産など、そうしたネガティブがボディーブローのように業績に効いています。次の四半期の回復具合を見てみないとというスタンスが蔓延し、下がったら本腰を入れて買う!には至っておりません。

 

政策がようやく出てき始めてまして、ミニSQ(その日が決算発表のピーク日)が今週の金曜日で、そこで雰囲気が変わって欲しいところです。

 

そんな状況ですが、今日の【参考銘柄】。

昨日引け後に決算発表があって、今日はストップ安。寄ってから少し戻しましたが、引けも結局ストップ安でした。

上方修正はあったもののの、コンセンサスに届かず大きく売られたパターン。しかし、コンセンサスに届かない幅(%)以上売られており、リバウンドの動きを見せれば上げは早く大きいかもと思います。ただ、最近マーケットで興味が失われつつある市況関連なのは難点ですので、基本は短期勝負。

 

コラム会員にご契約いただくと、以下の有料コンテンツをご覧いただけます。

・銘柄名

 

この続き:204文字
ここから先は、ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員契約(30日間3,000円(税込3,300円))」が必要です

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]